草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 25日

草仏教掲示板(60) NO RAIN NO RAINBOW  雨が降らなきゃ虹は出ない

b0061413_14222545.jpg 「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」親鸞聖人『高僧和讃』より   雨が降らなきゃ虹は出ない。悪いことが続いた後には必ずいいことがある、明けない夜がないように辛い体験は必ず報われる日が来るというようなことを言いあらわした言葉はたくさんあるような気がするけれども NO RAIN NO RAINBOW ほど鮮やかな言葉はない。モノクロームの世界である厳冬の荒野でオーロラに出会ったような鮮烈さだ。(オーロラは写真と夢のなかでしかみたことがないけれども)  NO RAIN NO RAINBOW  という言葉に出会ったのは、京都の一乗寺にある珍遊さんというラーメン屋で行われたハラダユキヒロ(原田博行)さんのライブ(ハラダイスカウンターショー)でのこと。NO RAIN NO RAINBOW という強いフレーズが何度も繰り返される印象に残る曲があった。いちばん最初はタワーレコードのキャッチコピーである NO MUSIC NO LIFE(音楽がない人生なんて)みたいだなぁと感じていたものが、楽曲のなかで何度も力強くリフレインされるたびに何と美しいメッセージであろうか?と虹色に刷り込まれてしまったのだ。この言葉を法語として掲げて一週間後、台風26号が伊豆大島をはじめ多くの土地に甚大な被害を与えてたくさんの死者まで出す大惨事となってしまった。この言葉を掲げていることが痛くも思った。今現在、台風28号は27号を追い越し、その27号が強い勢力を保ったまま日本列島を通過中である。台風情報に注意し、生き延びましょう。そして、ともに美しい虹に出会いましょう。


文・マーヒー加藤
書・日本人シャラポア (手根管手術の直前に書く)

2枚目の写真 女性オートバイ旅行の第一人者であるといっていい三好礼子さんが
       台風26号通過直後に撮影したものをフェイスブックからお借りしました。
        (掲載許可、ありがたくもいただきました)

3枚目の写真 神戸新聞社が、やはり台風26号通過直後に撮影した
       神戸市内にかかった低い弧を描く大きな虹。

b0061413_1422381.jpg


b0061413_14223128.jpg


[PR]

by kaneniwa | 2013-10-25 14:23 | 草仏教


<< 日本シリーズ家族観戦記      この人を見よ(4) 平沼義之 >>