草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 02日

山元加津子せんせい

山元加津子さんの講演会に、先週の土曜日に
行ってきた。金沢の養護学校の先生でいらっしゃって、年上の先生に対して
大変失礼な表現だが、ミニスカートがよくお似合いの「可愛い」先生だった。
寺院の研修会ではまったくなく、自治体主催の「住みよい町作り」のための
講演会であった。

お話の端々に、浄土真宗の空気というものを久しぶりに感じて、この方が
書かれた『本当のことだから』という本を読んでいたら、加津子先生が
お坊さんに「南無阿弥陀仏」の意味を尋ねていらっしゃる。
そのお坊さん(こうなると誰だか気になってしまいますね・・・)は
「本当のことだから」と応えられ、それが、その本のタイトルになっていた
のであった。

この『本当のことだから』も、仏教書ではないが、その精神に充ち満ちている。

きいちゃんという手足が不自由な高校生が、お姉さんの結婚式に浴衣を
縫いあげ、結婚式のお色直しでお姉さんがその浴衣を着て登場し、
「妹は私の誇りです」と言われた素晴らしいエピソードは、
今年、小学校6年生の国語教科書にも取り上げられた。

とにかく、私がとやかく言うよりも、ご縁のある方は山元先生のホームページ
にアクセス!

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-03-02 17:27 | 草仏教


<< ホリエモンの夢を推理する      ハワイの涙そうそう >>