2014年 01月 18日

iPadでiDish

b0061413_18283746.jpg 京都駅の地下鉄乗り場のイノダコーヒーでiPadをとり出した。センター試験が近いせいか参考書やノートを広げる若者の姿も目についた。iPadの操作音はすべて消してあったな…と思って、出てきたコーヒーカップを避けてお皿を写真に撮り、その後にコーヒーカップを再びのせてみた。iPadでのiDishの完成である。ランタンをiPadで撮影しておいて、実際にバーチャルランタンとして使うという iLight は1年前から実践していて、これがバカバカしいことではあるもののウケも含めてなかなか重宝していたので1年ぶりの別バージョンである。レジでコーヒー代金を払って出ようとしたら、まったく同じコーヒーカップが売られていたので「それも運命」と併せて注文した。これでiDishとともに、自宅でいつでもイノダコーヒーの店内に居る感覚でコーヒータイムが楽しめるはずである。ただし、コーヒーが熱々のうちは液晶に悪影響が出るといけないからちょっと冷めてからしかのせられないのが欠点だな。それよりイノダのコーヒー豆かコーヒー粉もいっしょに購入してこいっちゅう話でもあるけれども。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2014-01-18 18:49 | 草評


<< iPadでiDish(2) バ...      コッヘル227番 鱈(タラ)の... >>