2014年 06月 20日

四つ巴の妙

FIFAワールドカップのブラジル大会のグループリーグ2戦目、
日本代表vsギリシャ代表が終わった。
日本が押し気味でギリシャのミッドフィルダーがレッドカードをもらって退場。
相手は一人少なくなって優位に立ちつつも0−0のドローであり勝ち点は1のみ。
この結果を残念がる人は多いけれども、組み合わせの妙としては
「コロンビア戦に勝つしか道は開けない」
という絶対条件は定まったにしても
「日本代表が旋風を巻き起こすにはこのパターンで決勝トーナメントに行くしかない」
と思った。

というのは、今までのところのグループリーグを見てきて
(試合が深夜か早朝なので録画かデイリーダイジェストが中心)
いちばん印象に残った試合がチリ代表vsスペイン代表の試合であった。
初戦に4年前の決勝戦と同じ組み合わせとなったオランダ代表とのゲームに
1−5というスコアと内容でズタズタにされてしまったスペインにとって
チリを相手に勝つことが求められ、
確率論的にも引き分けもできずに負ければ無敵艦隊の撃沈が確定する。
その精神的な焦りのなかでチリ代表選手たちの組織的好プレーもあって
0−2という劣勢を背負い、
後半の残り時間も少なくなってアディショナルタイム(ロスタイム)にも突入する。
そんな時間帯のサッカーで、あれほど悲痛な表情での攻撃(スペイン)もなかなか
見たことがなかったし、あれほど活き活きとした表情で守る(チリ)チームも
見たことがなかった。

そして今朝はイングランド代表がイタリア代表との初戦に敗れたのに続いて
ウルグアイ代表に敗れて決勝トーナメントへの道は完全に閉ざされた。

日本代表のギリシャ戦の結果の0−0のスコアレスドローというのは残念な結果に見えるが、
ものすごく傲慢な視点ではあるものの
「ギリシャを沈めずに活かしておいてやった」
という考え方をしてはどうだろうか?

つまり、いくら残念がったとしても結果やここまでの勝ち点というものは変わらないので、
「このプロセスが最高だった」
と思えるようにしておくことがポジティブシンキングというものだと思う。

つまり、今日のギリシャ戦を勝ったとしたら
ギリシャには決勝トーナメントに進出する可能性が消えて撃沈していた。
撃沈したチームがコートジボワール相手にどんなモチベーションを持てるかといえば
得点王争いに絡むような選手もいそうもないので「経験」以外の試合目的はない
悲しい消化ゲームになっていたはずだ。
ところが日本と同じくギリシャには可能性があるのでコートジボワール戦に全力を尽くす。
そしてコートジボワールはギリシャタイプの守備力が高くてカウンター狙いのチームが
苦手であるという可能性が高い。
ヤヤ・トゥーレやおそらく後半から出てくるドログバがゴールに迫ってもなかなか
得点がゲットできずにイライラしてくるところをギリシャのカウンター攻撃を喰らう。
コートジボワールのような恐るべき身体能力をもつチームは実に魅力的だが
攻撃が上手く実らなかった時のイライラ度も大変に強いチームだ。
けっこう「活かしておいてやった」ギリシャが勝つ可能性は大きい。
ギリシャを撃沈させていたらコートジボワールに勝つ可能性は極めて少なかったはずだ。

と、するならば確率論からも絶対条件にはなってしまったが
日本代表はどのみちコロンビア戦には勝つしかないのだ。
勝つしかないので、ようやく一切の迷いがなくなった。
そして、コロンビア側の立場で日本戦をみれば
決勝トーナメント進出はすでに決めており、ギリシャ戦に3−0で勝っていることで
得失点差というものを勘案しても守備が固いギリシャからコートジボワールが
大量得点をしてグループリーグ通過順位の1位と2位がひっくり返るという可能性も低く、
コロンビア側が心がけているであろうことは
(1) 決勝トーナメントに備えて無理なプレーをして怪我をしない
(2) 決勝トーナメントに備えて無駄なイエローカード(警告)をもらわない
(3) ましてやレッドカード(退場・なおかつ次の試合の出場停止)などもらわない
(4) 決勝トーナメントに備えて怪我をしていたり疲労が蓄積している主力を休ませる
(5) 決勝トーナメントに備えて未出場の選手にゲームを経験させ戦術を試す
ということだろう。これはコロンビアとグループリーグ初戦で当たった場合に比べたら
勝てる要素は実に多くなってきたというべきではないだろうか?

ただの楽観ではなく、この少ない可能性をこじ開けて
活かしておいてやったギリシャの力さえ借りて決勝トーナメントに進出するぐらいでないと
旋風など巻き起こせないのだ。
ベスト16の初戦の相手は、今のところイタリア代表あたりかな?
それも、どうせベスト16になれば世界の強豪国ばっかりだからどこでも一緒といえば一緒。

それにしても同じような時間帯にテレビのチャンネルを回しつつ
「日本ガンバレ、ギリシャもガンバレ」
というのは競馬の馬券の馬連や馬単や三連単のようなもので
「いいぞ!その馬ゴールに来い、でもその馬は来るな!」
というような観戦になる。
やっぱり正当な応援というものは単勝馬券のように
「その馬、来い!」
でありたいと思った。

でも、予想が当たった時には通常は単勝馬券よりも馬連、馬単、三連単の方が
配当はずっと大きい。
私の1位通過コロンビア2位通過日本というこの馬単的な予想、
当たった時の喜びは大きい。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2014-06-20 18:38 | 草評


<< 私の目覚まし大作戦(秘策) 無...      140文字以内で『源氏物語』 >>