草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 25日

日本代表が敗退した後もワールドカップを楽しもう

今朝の日本代表のコロンビア戦の前半はとっても良かったと思う。
パスのつなぎ方にリズムも呼吸も意欲も感じられて点が入る予感を感じた。

0−1から本田のクロスに岡崎の上手いヘディングで前半を終えて1−1。
ギリシャとコートジボワールの戦いは前半を終えて1−0でギリシャが優勢。
おお、引き分けにしておいてやってギリシャを活かしておいてやった価値があったわい!
と、もしかしたらこのパターンで決勝トーナメントに進める希望が沸いてきた。
何だかいい感じになってきたなぁと思った。

ただ、後半はそういうわけにはいかなかったなぁ。
コロンビアの10番のハメス・ロドリゲスが出てきたら、ガラリと展開が変わって
しかも日本代表の動きも前半のようにはいかなくなってきた。

ギリシャの方はコートジボワールに追いつかれて1−1の同点となるが、
タイムアップ寸前にPKを獲得し、それを決めて劇的な決勝トーナメント進出。

一方、日本代表は次々とカウンター攻撃を浴びて1−4の敗戦。
ため息ばっかり。

でも、どうせならワールドカップは決勝まで観戦しよう。
ブラジルのネイマールやオランダのロッペンや
オーストラリアのケーヒルのスーパーゴールを見たが、
スーパーゴールでなければワールドカップ出場チームの堅い守備をかち割れなかった。
ベスト16から決勝にかけて、ますますスーパーゴールを見ることができるだろう。

さっそくだけれども
日本と同じグループCで決勝トーナメントに進出することができたギリシャは
イタリアとイングランドを蹴落としてグループDを1位通過したコスタリカと
ベスト8進出を賭けて6月30日の1時に激突する。
どちらが勝っても旋風を巻き起こすということになる。

オランダのロッペンという選手は100メートルを10秒28で走るのだと息子に教えると
かなり幼い頃から自分よりも俊足の人には尊敬の眼差しを向ける息子は目を輝かせた。
ロンドン五輪のサッカー日本代表には永井謙佑(名古屋グランパスエイト)という
瞬足フォワードがいて、スペイン代表のディフェンスを切り裂いて快勝したのだが、
そんな選手がいてくれたら縦へのキラーパスが有効ではないかと夢想したりする。

とにかく、今回からのにわかファンでも便乗ファンでも、きっかけはともかく
今までの日本代表の試合を見てきたのならば決勝戦までサッカーを楽しもう!
車でいうならエンジン部分であるハメス・ロドリゲスを温存して後半からの投入としつつも
日本に快勝したコロンビアがどれだけ苦戦していくのか、
あるいは日本と引き分けたギリシャが決勝トーナメントでどのような戦い方をしていくのか。
ギリシャの守備を崩したり割ったりしてどんな得点パターンがあるのか?
日本代表とくらべても体格的には劣るとも勝らないメキシコは世界最高レベル相手の真剣勝負に
どう挑んでいくのか?
アルゼンチンのメッシはアルゼンチンのために滅私奉公をするのか?
それとも自分自身という個を躍動させることによって貢献していくのか?
じっくりと、純粋に楽しませてもらったらいい。

それは、やがて日本代表をより深いところから応援する声につながっていくと思う。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2014-06-25 19:54 | 草評


<< 日本代表が敗退した後もワールド...      140文字以内で太宰治の『走れ... >>