草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 06日

ワールドカップの結果をホームランを狙って予想する

ベスト16が出揃う前どころか
32チームによるグループリーグが始まる以前から
「決勝戦はブラジル対アルゼンチンになって南米の南の方は大騒ぎ」
という予想を立てていた。
周囲の数人だけがそれをしっていて、文章ではmixiでもそう書いておいた。
まあ決勝戦の組み合わせとしてはロンドンのブックメーカーでいちばん堅実な本命路線であり、
極めて正統派の予想である。

それでもブラジルは初戦のクロアチア戦から苦戦しつつ
キーパーのオチョアのスーパープレー連発はあったとしてもメキシコとは引き分け。
決勝トーナメントではチリを相手に薄氷を踏む思いでの勝利となった。

そしてここまでの中心選手であるネイマール選手がコロンビア戦で腰椎を骨折して
全治4週間の大怪我を負ったこともあり、そして
精神的な支柱であるキャプテンのチアゴ・シウバ選手がイエローカード2枚で
次の試合の出場停止ということで
ベスト4でのドイツ戦が乗り越えるのに大変に険しい山となった。

アルゼンチンも決して楽に勝ち上がってきたわけではないけれども
やはり決勝はブラジル対アルゼンチンという組み合わせになるような気がする。

と、ここまでの予想ならばもしも的中したとしても手堅いヒットにすぎない。

(1) ブラジル対アルゼンチンの対決で優勝するのはブラジルであるが、
    MVPは準決勝と決勝を欠場したネイマール選手が涙の受賞
(2) 得点王はドイツのトーマス・ミュラー選手が3位決定戦で2点を加えて
    コロンビアのハメス・ロドリゲス選手と並んで6点で受賞。
    アルゼンチンのメッシ選手は滅私奉公しなければならないので
    フリーキックでの1点を加えて5点。
(3) オランダのロッペン選手も3位決定戦で6点に並ぼうとするが
    激戦の疲れでいつものスピードが出ずに及ばない。
(4) ドイツのクローゼ選手が3位決定戦で「いいところに立っていて」
    3位決定戦での得点を今度はヘディングで決めて
    ワールドカップ通算得点の16点目(そうならば新記録)を得て、
    ヘディングも決めるけれども3位と宙返りも決める。
(5) コスタリカ代表のディフェンスのクリスティアン・ガンボア選手が
    大会のベストイレブンに選出される。

 これ、全部当たればホームランだと思いますが、
 来週に自分のこのブログ記事を楽しみに読み直します。
 ますます激戦の度合いが強くなり、スーパーゴールが連発というか、
 スーパーゴールでなければ点が入らなくなってきました。

マーヒー加藤
  
    
[PR]

by kaneniwa | 2014-07-06 17:15 | 草評


<< デイゴの花と台風8号との関係      草仏教掲示板(70) 失敗より... >>