草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 02日

コッヘル241番 海苔ワサビチーズ

b0061413_23411479.jpg もう基本レシピというよりもレシピ以前という感じのメニュー。しかしながら、そのシンプルさゆえに飽きるということはない。シャラポア(妻・日本人)の友だちから家呑みしている時に教わって以来、大いに気に入っている。作り方、というよりもあまりにもシンプルなのであるが、それがなかなか思いつかずに苦労しているのである。実際に、これを教えてくれたシャラポアの友だちは大変な料理上手である。用意するものはまず、スライスチーズ。とろけるチーズととろけないチーズの両方があるとすると、とろけない方のスライスチーズの方がバター、もとい、ベターである。(バターはオヤジギャグのために書いたもので材料は関係ないからね。)そのスライスチーズに好みの量のワサビを塗る。すりおろした生ワサビでこれをやってみたことはないけれども、チューブのワサビでいいと思う。好みの分量、というか体調とも相談しつつ耐えうる分量のワサビをチーズに塗る。それを海苔ではさんで食べる。というのがこの作り方のすべてである。味付けなども何も要らない。スライスチーズにもともと備わっている塩分に海苔とワサビの風味が加わるだけでスゴく良いバランスなのである。あとはワサビの風味を分量で調整するだけである。しかし、このシンプルさでありながらビール、日本酒、焼酎、ウイスキーなどにバッチリと合う。これを教わってからもう10年なのだが、スライスチーズとワサビと海苔は常に切らさないようにしている。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2014-08-02 23:51 | 草外道


<< 長岡大花火大会2014年      除草趣味 竹やぶのビフォー&アフター >>