草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 13日

奄美大島のあまみFM ディ!ウェイブ(77.7MHz)に感激した

昨日の夜からインターネットラジオで奄美大島のFM放送を聴いている。
土曜の夜と日曜の夜には
「島ラガ・レゲエ」というややマニアックながら非常に良質なレゲエ番組をやっているので
台風情報を聞くためではなかったのだが、
人口が約10万人の奄美大島で、私が聞いていた12日の夜半過ぎの時点で
約28%の世帯で停電しているようであった。

深夜もマイクをとったDJ役の女性は、言葉は標準語であるもののアクセントに独特の
奄美大島の雰囲気をもちながら、明らかに停電になっている世帯や避難所で
ラジオ(電池入り)や充電した携帯電話やスマートフォンで放送を聴いている人に向けての
暖かいメッセージに満ちていた。

「停電している地区は◯◯と◯◯」
「水道は破損していないのでお風呂に水を貯めておきましょう」
「倒れる電柱には要注意ですよ」
などときめ細かい情報とともに
新たな情報が入ってくるまでの合間は元ちとせをはじめとする
奄美大島や鹿児島出身のバラード系の音楽を励ますように流している。
そして、
「みなさん無事でいてくださいね、怪我をしないでくださいね、
 みんなで励まし合って、いつかこれもまたいい思い出になるようにしましょうね」
と、柔らかく、優しく、強く呼びかける女性DJの声に
胸が熱くなった。

今は大阪など近畿地方、明日はこちらか関東地方。
柔らかく優しくも強くもないけれども、
同じメッセージを呼びかけたいと思います。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2014-10-13 17:33 | 草評


<< コッヘル248番 鮎の開き(落...      末娘の仕事 >>