2015年 03月 20日

コッヘル267番 塩鶏バルサミコソース

b0061413_11242074.jpg ひとつ前のコッヘル266番の塩鶏は、鶏肉の特に胸肉を使う料理の原型のようなものになっている。塩鶏を使って色々なバリエーションが広がってくるしそれを楽しめる。今回はベースになっている塩味にほんの少し別な調味料を替えてみるだけで、その基本的なパフォーマンスを発揮してくれて立派に主菜的な役割を果たしてくれるということで簡単なバルサミコのソースを紹介してみたい。以前にも書いたことがあるけれども、バルサミコ酢というのはそのままでは使いにくい酢のように思えて、煮詰めて黒いソース状にするだけで実に優秀なソースとなる。実際にイタリアンのお店で(フレンチでも)イカスミ以外で黒いソースというのはたいがい、この「煮詰めたバルサミコ」である場合が多いように思う。ただ、バルサミコ酢単体では非常に焦げ付きやすいのでオリーブオイルを混ぜるといい。万能型の塩鶏という素材に、これまた万能ソース的な使い方ができるソースとの組み合わせはやはり相性もいい。塩味も鶏本体の部分だけで丁度良い感じだ。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2015-03-20 23:41 | 草外道


<< アコースティック・ギターアンプ...      コッヘル266番 塩鶏 >>