草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 31日

どこに毒があるかわからない時代のフグを味わう

私はミュージシャンとしての桑田佳祐よりも、もしかしたら
ラジオでのパーソナリティを中心にしたDJとしての桑田佳祐が大好きかもしれない。
ものすごく幅が広く、なおかつマニアでもある彼から教えてもらったミュージシャンは実に多く、
そのいくつかを高校生以来ぐらいからずっと愛聴しているということも少なくない。

同じように当人の芸もさることながら、北野武(ビートたけし)のお笑いマニアぶりと
その的確な芸能評論もたまらなく好きである。
こちらの方も本人の監督した映画やお笑い芸よりも好きかもしれない。

ダウンタウンの松本人志にもそういうところがある。大変なお笑いマニアでありつつ、
お笑いに関する評論が実に的確である。少なくとも私はそう思う。
ナンシー関さんがまだ生きておられた頃だから、けっこう前の話であるが
松本人志がどこかで
「お笑いに関しての意見やコメントで的確で信頼できるのは
 ナンシー関さんとみうらじゅんさんの二人だけだ」
と断言していて、本当にそうだなぁと思った。

その松本人志が最近はフジテレビで『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)
というのをやっている。
日曜日の法事を勤めている確立が高い時間帯なので、たいがい録画して
月曜日か火曜日に観ることが多い。
松本人志が信頼する、そのみうらじゅんも時々ゲストとして招かれているようだ。

川崎市での中学一年生の殺害事件のことに関して、みうらじゅんは
「法整備のことを言うよりも、私は仏教が流行ればいいと思うのです」
とコメントをした。
今までのみうらじゅんのコメントが
「サッカー日本代表の新監督はスピルバーグ監督ではダメなんですか?」 
とか
「国会議員の路上キスは路チューではなくて空チュー、地チュー、水チューなら良かったのに」
などの、面白すぎる大ボケコメントが多かったために
「法律よりも仏教が流行ればいい」
とのコメントにはスタジオ内に笑い声が起きたのだが、
私はおっしゃるとおりだと思った。
そして、流行らせたいな、流行らせなきゃ、と感じた。

さて、これは先々週の3月15日放送分だったのだが、
主に川崎の中1男子殺害事件に関するネット私刑と実名報道等について
松本人志は
「まず被害者の写真をあれだけ出しておいて…まず被害者を守って欲しい」
という正論を述べた上で、その報道の現状とネット私刑などの問題を全部ひっくるめての
感想であると思うのだが
「フグがまだ食べ慣れていない感じで…どこに毒があるか分からん時に食わされている感がある」
と述べた。

松本人志はギャグとして成立している時でも成立していない時でも
こと比喩(たとえ)については天才的な閃きとセンスをもっている人だと思っているが、
この言葉は実に今の時代の空気を思いもよらなかった方向から言い当ててくれた気がする。

イギリスで産業革命が起こったばかりの時代には、労働者も資本家もその毒がどこにあるか
よくわからないままにフグを味わっていたようなものかもしれない。
高度成長期の日本は公害問題などの毒の部分に気がつかなかったり無視をしつつ邁進していった。
原子力発電は、放射性廃棄物の処分が確立されていないことなどの毒の部分は最初から
わかっていたのだろうけれども、そのうちに毒消しができるのではないかという楽観と
毒の部分を意識させない風潮をあえて作った上でフグを喰ってきた。

どこに毒があるのか、どこに薬があるのかもわからないままではあるけれども、
とにかく仏教は流行らせたい。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2015-03-31 01:53 | 草評


<< コッヘル268番 鰤(ブリ)のたたき      箱入り末娘 >>