2015年 05月 05日

コッヘル274番 筍のちらし寿司

b0061413_23302496.jpg 実は今日の夕刻に北海道からクール便で「たもっちゃん」という銘柄の太くてマッチョで瑞々しいアスパラが届けられ、ちょうど「たもっちゃん」というニックネームの友人が家に寄ってくれていたのでさっそくに調理をさせていただいた。そのアスパラがとても素晴らしくて、さっそくにブログ記事として投稿しようと思ったが、自分で作ったルールで「4月下旬から5月中旬までは筍の特集」と決めている。自分で作ったルールだから解除するのもいいのだが、こういう区切りを作っておかないとバックナンバーを整理する時に年間を通しての目印のようなものがなくなってしまうのだ。筍特集の時期が終わったら、すぐにアスパラの記事を投稿しようと思う。 というわけで筍のポタージュ筍のメンマ風炒めに続く今年の筍料理特集の第三弾は筍のちらし寿司である。筍を使ったご飯物といえば筍ご飯がまず思い浮かぶけれども、我が家での人気度でいえばそれを凌ぐ人気メニューである。具材としては筍、人参、卵と山椒の葉っぱだけである。いつもの自分であればここにさらに椎茸とかかんぴょうなどを煮たものを加えたり、あるいは海鮮ものを上にのっけててみたり、少なくとも刻み海苔ぐらいはさらに加えてしまうところなのだが、この状態で味見をしてみて「これでいいなぁ」と感じてしまった。自分で自分の作ったものの完成度を誇らしげに語っちゃったりしたらいけないのかもしれないけれども、何を足しても過剰になっちゃうし、逆にこのメンバーからどれかひとつが欠けても淋しくなっちゃうような気がした。一昨日、家族5人でこの状態の筍のちらし寿司を8合分、大きな寿司桶いっぱいに作ったのだけけれども1回の夕食で米粒がひと粒たりとも残さずに完食してくれた。完食、好感触。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2015-05-05 23:59 | 草外道


<< 草仏教掲示板(81) 僕らは一...      草仏教掲示板(80) 花はそれ... >>