草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 08日

私が考えた犯罪とスケール(尺度)の話と妙なオチがついた夢の話

言論の自由、表現の自由はどこまで保証されるのか、
許されるのかは人類の課題のなかでもかなり大きなものだ。

とりあえず、
想像と妄想は自由である。

自由だが、その想像と妄想を言語化したり表現する時には
どこまでいいのかな?はちょっと気になる。

『血まみれの野獣』という大藪春彦の小説が
1968年1月から1969年1月まで『ボーイズライフ』という雑誌に連載された。
その現金輸送車を襲う手口が1968年12月に起こった三億円事件とよく似ているということで
「犯人がその小説の手口を参考にしたのではないか?着想を得たのではないか?」
などとマスコミにも騒がれた。
三億円事件で聴取された人はものすごく多いのだけれども
大薮春彦はどうも「重要参考人」として警察から聴取を受けたようだ。

私がこれから書く「ちょっと思いついてしまった犯罪」も、私の想像や妄想のなかに
あるだけならばまったく自由なのであるが
「もしも私のアイディアから着想を得て実現させる猛者がいたらどうしよう?」
とは、ちょっと思う。
警察から聴取を受けるということもあり得るだろうか?

さて、私が思いついた犯罪の基本は「ハッキング」である。
銀行口座の厳重なセキュリティをくぐり抜けていろんな人の口座にたどり着く。
そこからまとまった金を掠め盗るのはただの悪質な窃盗である。
私の妄想が優れているポイントは、
通帳には表示されない日本円であれば1円以下の「銭」の単位を掠め盗っていくのだ。
口座ひとつひとつを手作業でやるとすれば、それは時給500円の仕事の方が割りに合う。
そこは現段階の妄想として
「何らかの方法で日本のすべての金融機関の口座の1円以下の単位をすべて
 一括して自分のものにしちゃうプログラムを開発」
ということにしよう。
年に1回、この方法でまずは日本円で1000万円以上はいくのではないか?
そして次に米ドルとユーロで1セント以下の単位でやって億単位に乗せる。
(ユーロも通貨の最小単位はセントなんだなぁ)

膨大な数の被害者は、盗まれたということ自体に気がつかない。
5年目ぐらいに、10万人に1人ぐらいの割合でものすごく鋭い人が
「あれれ、1円足りないのではないのかなぁ?」と気がついたりするかもしれないが
銀行に問い合わせる電話料金や交通費や、歩いていく手間が惜しいので
その気づきは有耶無耶なものになってしまう。

そんな、実現可能ならば非常に悪質であるがセコい(まったく最低だなぁ)犯罪を
思いついた時に
NHKのEテレでやっていた「宇宙白熱教室」でアリゾナ大学の
ローレンス・クラウス教授から宇宙に関する講義を受けた。
宇宙を測る定規は私たちの日常の尺度とはまるで違って、
キロメートルという単位ならば10の何乗であるか、というスケールを基本とするという
お話だけでもとても大きなものであった。

そんな講義を受けて眠った時に、
私もものすごくスケールの大きな夢を見た。
円以下、セント以下の金を盗もうなどというセコい妄想をもった私に対して
私自身の潜在意識がそれをせせら笑うかのようにスケールの大きな犯罪を
夢のなかでやっちゃったのだ。

それは、どこの国であれ、たとえ国家予算を論じる時にも
めったに通貨に1000兆(10の15乗)以上の単位は使われることはない。
福島第一原子力発電所から漏れた放射能の総数が3京(10の16乗)ベクレル
であるという新聞記事は読んだことがあるが、ここまで来ると数としての
こちら側の認識するためのイメージ力が足りなくなってくる。
そうだ、1円以下や1セント以下を掠め盗ることも気づかれにくいのと同様に
想像を超えた金銭としては大きすぎる数値も気がつかれない死角になるのだ。

そういうわけで、私はパソコン操作で
1那由多(10の60乗)円をなぜか手に入れてしまった。
(夢ですよ)
世界中の通貨を全部あつめたって、世界にそんなに流通しているわけがない。
でも、夢の世界なので実現しちゃった。
一瞬にして、世界一のまさに桁違いのなかの桁違いの金持ちになった。
(夢だけど)

夢なので、その桁外れの額には、なぜか恒河沙(10の52乗)単位で利息もつくことに
なっているのだが、その利息の単位自体が大きすぎて通帳なんかには表示に反映されない。
通帳は延々と表示できるだけのゼロが並んでいるだけだった。
金額が大きすぎるので、誰もそんなものを手に入れた者がいるとは考えないという
完全犯罪であった。

そして、この夢にはオチのようなものがあるのだ。
「とりあえず」
という気分でギターを買うための50万円(何だかなぁ…)を
ATMで引き出そうとするのだが、
その行為のあとで「9」という数字が実に延々と並んでくると思うと、
何だか怖くなって千円たりとも引き出せなくなって手が止まってしまうのだ。

マーヒー加藤

※ この妄想と夢はフィクションです。小さいお子さんは真似しないでください。
  あ、ホンモノのハッカーもね。
[PR]

by kaneniwa | 2015-06-08 06:48 | 雑草


<< コッヘル280番 サンマの炊かず飯      草仏教掲示板(82) 鏡を見れば >>