草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 28日

草仏教掲示板(84) 何も偉業を達成していないように見えるあなたの親が…

b0061413_22203016.jpg 何も偉業を達成していないように見えるあなたの親が あなたを愛することで幸せな顔をしていたことを 思い浮かべて欲しい (作家ジョージ・サンダース。2013年シラキュース大学卒業式の記念スピーチより) しばらくブログの更新がゆったりとしたものになっている。特にこの法語掲示を紹介させていただく投稿は間が空いてしまって、すでに先月に掲示を替えた言葉を後追いでご紹介させていただくことになった。これは5月末にブログにて 和田一郎さんの『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』という本の感想を書いてみたのだが、その本のなかで紹介されていた言葉である。その作家のジョージ・サンダースの言葉は投稿サイトをはじめとしてネット上でもすでに2年前から反響を呼んでいて、原文は英語であるということもあって、法語としての掲示用に意訳をさせていただいたものである。平凡のなかの非凡を感じることができる軸になるものは陳腐な言葉にも聞こえることがあるようでも、やはり「愛」ではないかなぁ。そして仏教のなかの言葉としても「愛」というと、そんなにキレイな意味でのみ使われているわけではなく煩悩寄りというのか、執着というものを感じさせる用語例が多いのだが、それでも仏の姿として「和顔愛語」(おだやかな表情で愛ある言葉をかける)などという言葉もある。もちろん、何かを達成することへの賞賛を否定するつもりはまったくないけれども、幸せってものの本質はそこではないなぁとは何となく思い始めた今日ころの頃。

ブログ本文・書 マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2015-08-28 22:42 | 草仏教


<< オリジナルってなんだっけ?      息子の花火ヲタ芸(小さなお子さ... >>