2015年 10月 13日

コッヘル288番 いぶりがっこ

b0061413_3315191.jpg いぶりがっこは秋田県の名物で囲炉裏の天井に近いところの鴨居などに大根を吊るして燻製状にしたものを米ぬかで漬け込んだ漬物である。昔は現在住んでいる寺院にも囲炉裏があったのだが今はなく、漬物のなかでは難易度が高い部類に入ると思う。この写真のものも自作ではなくてスーパーマーケットの漬物コーナーで見かけて嬉しくなってついつい買ったものをコッヘルに盛っただけである。(ただアウトドア用の燻製器などを使って自作実験はしてみたいと思っている)「スモーキーな漬物」というのは世界的にもなかなか珍しいかもしれない。日本酒を飲んでみたけれども、ついついウィスキーに替えてみた。サントリーオールドだった。今年のお正月に サントリーオールドってこんなに美味しかったっけ? という趣旨のブログ記事を書いたけれども、それから2回ほどサントリーオールドを買いに行ってあのダルマボトルが1300円ほどだったので「あれれ?サントリーオールドってこんなに安かったっけ?学生時代の半額以下になっていないか?」とも思った。おせち料理がおつまみなら、ベストマッチなウィスキーはサントリーオールドとお正月にはつくづく思ったが、いぶりがっこがおつまみであれば何だかさらにベストマッチ。サンキューベリーマッチ、ベイビー。まずは「野菜とはいえ燻製である」というところでウィスキーにある。ところがただの燻製ではなくて、そこにはやっぱり米ぬかの風味があるので和食だといえる。和食ではあるがちょっと他にはない逸品である。ひと言であらわせば「珍味」なのだが、その方向性はマニアック和食寄りではなくて別な方向へ行った珍味という感じだ。私には判断できないがウィスキー好きな外国人にいぶりがっこを試して欲しい気がする。もしかしたらウィスキーのおつまみとして一種普遍的なポテンシャルを秘めているのではないかとさえ思った。何となく「秋田の国際教養大学」が思い浮かぶ。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2015-10-13 08:30 | 草外道


<< 名曲草観賞(49) Bob M...      笑う門には福来たる のカドって... >>