2015年 10月 27日

草仏教掲示板(87) ☓(ペケ)を少し変えれば+(プラス)になる

b0061413_0542469.jpg ☓(ペケ)を少し変えれば+(プラス)になる まずは昨日のニュースであるが 人文社会科学系、教員養成系学部の廃止や組織見直しを求めた6月の文部科学相通知に対し、信州大など国立大17校の人文系学部長でつくる会議は26日、「人文社会科学の軽視は、わが国における人的基盤を根底から揺るがしかねない」と抗議する共同声明を文科省に提出した。(青字部分は毎日新聞より抜粋)という。声明を受け取った文部科科学省の担当者は「誤解を与える表現だった」と陳謝するとともに「人文社会科学系を根こそぎなくす考えはない。廃止はゼロにするのではなく、スクラップ・アンド・ビルドの意味だ」と強調した。(同じく青字部分は毎日新聞より抜粋)というがまずは誤解を与えるような表現しか書けない文章力を反省してもらいたい。 教育について論評できるような柄ではないものの、合理性と成果主義(それも結果をすぐに求めすぎ)をもとに大学を作りかえてみても成果が上がりそうな◯(マル)の側の人間をより◯(マル)が多く取りやすい人に育てて社会に送り込むだけでは教育というものが本来もつダイナミズムに欠けるなぁ。霞ヶ関文学の格調の高さとは対極的な文章だが「◯(マル)を◯(マル)のままで卒業させるっちゅうのは、教えて育てたことにはならんでしょう?☓(ペケ)の角度なり視野なりをちょこっとでも変えてやって+(プラス)にしてやって、その中にはたまに大化けするようなタマを生み出してこそ教えて育てたということになるんじゃない?」と霞ヶ関にも通じる文章を書いてみたいけれども、とりあえずはブログ記事にして書いた。

マーヒー加藤(書・ブログ本文)
[PR]

by kaneniwa | 2015-10-27 06:51 | 草仏教


<< マニュアルとお笑い      五郎丸歩選手(ラグビー)の日本... >>