草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 09日

コッヘル291番 塩サバの野菜炒め

b0061413_2227172.jpg 最近、魚の料理は元漁師さんで元水産庁職員で、現在は東京海洋大学の上田勝彦さんの手法を参考にさせてもらうことが多い。たとえば コッヘル280番のサンマの炊かず飯 などは「えっ、こんな手法アリなの?」と思いつつ、やってみたらまさにやみつきである。サンマの熱々の塩焼きは大好物だが、サンマの炊かず飯は冷めても美味しいのだ。そんな上田さんの素晴らしき野菜炒めがこの「塩サバの野菜炒め」である。スーパーなどで売っている塩サバの切り身でOK。大きな骨も付いている場合はそれをあらかじめ取り除くことだけがちょっとだけ手間。(私の場合、小骨はまずそのままで問題なし)あとは、キャベツでも人参でも、もやしでも、通常野菜炒めの時の野菜と共に炒めるだけである。味付けは「無し」である。塩サバの塩が、けっこうな量の野菜といっしょに炒めてもかき混ぜているうちに全体にいい感じでちょうどいい塩がまわってくれる。野菜がたっぷりの時は薄味になるもの、薄塩で野菜をたくさん摂取できて嬉しい。しかも、まわってくれるのはどうも塩味だけではなく、サバの身からもにじみ出てくれる「天然だし」のようなものも含まれている。焦げ付き防止のために少量の油もフライパンか中華鍋にも敷くけれども、さらにそれにプラスしてサバ自身の天然油もまた、少量ながら野菜の表面にうっすらとコーティングされてくる感じだ。そしてこの野菜炒めは、当然のことながら白いごはんにも抜群に合うのである。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2015-11-09 22:46 | 草外道


<< MJB初飛行と遷宮      中国の一人っ子政策後の今後 >>