2005年 07月 21日

始球式だけは立派な首相だな

おはよう、お久しぶりね。マヒ子(毒舌を吐くときにKABAちゃん口調で語るマーヒー)よ。
終戦記念日が近づいて、総理大臣が靖国神社に参拝するのかどうか、ちょっとヒヤヒヤ
しながら見つめていますの。

私は「始球式だけは立派な首相だな」という川柳を作ったことがあるのですけれど、
孝太郎君とのキャッチボールで鍛え上げた腕で甲子園でもヤンキースタジアムでも
ちゃんとストライクを投げられる小泉投手(党首)はステキだと思っているのよ。
ブッシュさんも「ジュンイチロウは野球が上手い」とAP通信で絶賛していましたのよ。

ただ、この人の本質に、すでに「始球式が立派」というものがあるような気がいたしますの。
忘れてしまった方が多いと思うのですけれど、あの総理になったばかりの頃の人気ぶり
(野球のゲームでいうなら始球式)はもの凄かったわよね。わたくしも、小泉さんが総理に
なった直後にハンセン病訴訟に勝訴した原告団の方々に、通常便宜的にする国からの
控訴を断念した時には「この人は今までの総理大臣とは違う」と思って、感動しましたわ。
貴乃花の優勝に「感動した」と叫んだ頃も始球式ね。あの頃は大相撲の人気も小泉さん
の人気も満員御礼という感じだったわ。

で、野球でいえば始球式の時期はとっくに終わって靖国参拝のお話になるのですけど、
総理大臣になられる以前に、確か厚生大臣の頃に2回ほど参拝はされていますけれど、
それ以前に参拝されたということは聞いておりませんのよ。また、本当の疑問は、総理を
辞められた後も、はたして靖国神社という場に参拝されるか、という問題ね。
「信念で参拝した」「信念で行く」と言われる、その信念の中身よね。遺族会の方々からの
票が入る、という信念だけならダメよ。

「私はクリスチャンなので靖国神社へは参拝しません」という態度をとった
大平元首相はとても立派だったわ。

「私は仏教徒なので」と言ってくれる人は誰もいないのかしら。
特に、鹿児島の「隠れ念仏」の伝統をルーツにもつ現総理には、パフォーマンスを
やる信念よりも、仏教徒の信念を少しでももっていただきたいと思っているのです
けれど、無理なのかしら?


マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-21 05:35 | 草評


<< 国歌と国旗を考える      新潟もまたJAZZの街だった >>