草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 30日

なんヤンVS若僧も、ものすごくいい試合でした

新潟県の高校野球県予選決勝の明訓VS中越高校も、すでに書いたとおり
すばらしい決勝戦でしたが、その高校野球の夢の跡といえる県予選で使われた
グランドでの本日の草野球の試合も、私にとってはいつまでも忘れない
ゲームになりました。

私は嬉しい。7月29日に新発田市の五十公野球場でナイターでおこなわれた
草野球の因縁の決戦、なんちゃってヤンキースVS若僧 の試合は、惜しくも
6-7 という僅差のスコアでなんちゃってヤンキースは負けてしまったものの、
私、なんちゃってヤンキース代表のケアレ・スミスは嬉しい。すごく嬉しい。

なんちゃってヤンキースの全選手は、よく打ち、そして打った後よく走った。
その、全員が全力疾走するチームになったということがとても嬉しい。

それを象徴するのが、今日はセンターを守ったライス大森選手が右中間を
破る打球を放った後に走りに走ってホームを踏んだランニング・ホームランである。

そして、それは象徴であって、全員が本当に成長した。40才を越えた選手も
数名いるが、みんな成長した。少なくとも、凡ゴロでも1塁まではみんな精一杯
全力疾走している。それも楽しそうに。

6対7という惜しい試合を落としたものの、対戦相手の 若僧さん は昨秋の
初対決の時に我々なんちゃってヤンキースを 16-1のスコアで完膚(かんぷ)
なきまでに叩きのめしてくれたチームだ。

もちろん、勝ったわけでもないし、こんなことで満足してはいけないとは思う。
それでも、今日の私はしみじみ嬉しいのである。嬉しい。

マーヒー加藤 (ケアレ・スミス) http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-07-30 01:12 | 草野球


<< まいったなぁ!      なんヤン選手とファンのみなさん... >>