2005年 08月 10日

甲子園と私

新潟明訓高校は20安打を浴びながらよく健闘しました。
家がご近所の須貝君、2安打お見事でした。
試合結果はあと一歩というところですが、2年生投手の大崎君と、この試合では
温存した形になったマーヒー注目の1年生投手の永井君という二人の主力投手を
中心に、今後も強いチームになっていくでしょうし、県内でこの明訓高校を倒すような
チームが現れた時には、それもまた楽しみでもあります。

さてさて、甲子園という器は変わっておらず、春と夏に高校生が試合をやっている
というもの変わっていない。高校野球を見ているこっちが少しずつ変わっているのですね。

小学校時代前半 (その時の地元の京都のチームを応援)
小学校時代後半 (江川に投げ勝った投手ということで銚子商業の土屋投手のファンに) 
 中学校時代   (この頃から新潟県のチームを応援)
 高校時代    (自分の高校と中学校の同級生のいる高校を応援)
 大学時代    (新潟南高校、初の全国ベスト8に感激)
社会人時代   (申し訳ないが高校野球にはまったく関心を払わず) 
 
 そしていわば僧侶時代の今ですが、いわば草野球のお手本として高校野球を
観戦しています。衛星テレビでメジャー・リーグを観て、夜に日本のプロ野球を
観ていれば、高校野球は「なんでこのレベルの野球が全国中継されるのか?」 
と思っている外国人なんか日本には多いと思うな。

 でも、草野球から見れば、高校野球の地域代表チームよりも強いチームなどは
数少なく(大都市圏は別ですけれど)やはり高校野球というのは憧れで観ていた
中学生までの頃とはまた別に、お手本として観ております。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-08-10 06:19 | 草評


<< 中山文部科学大臣の甲子園でのあ...      春日部共栄高校には6軍があるのか! >>