2005年 09月 13日

武勇伝 武勇伝 武勇でんでんでんででん

今年の四月、吉本興業のNSC(何の略称か忘れたが養成学校ですね)を
卒業したばかりのお笑いコンビ、オリエンタルラジオの芸は、一度見たらクセに
なる率は非常に高いだろう。西にレギュラーの「あるある探検隊」があると
すれば、東には、このオリエンタルラジオの「武勇伝」があると言える。
共に、言葉のリズムとしては日本の文学の基盤である七・五調ではなく、
八・五を基本的なリズムとしている点がおもしろい。初心者が作る俳句や
川柳、さらには短歌などが「五・八・五」になりやすい秘密の解明へのヒントが
こういうところにもあるかもしれない。

アッちゃん(中田敦彦)のリズミカルな武勇伝に藤森くんの「リズムにのって
ツッコミながらボケをふくらましていく」というスタイルはなかなかいい。
「武勇伝 武勇伝 武勇でんでんでんででん」の言葉が、何と言ったらいいのだろうか、
クラシック音楽でいえばソナタの主題であり、ヒップホップ系の音楽で言うなら
サンプリング音になっている。難点を言うならば、音楽ではなくてギャクとしてこの
「武勇伝」は完成度が高すぎるので、この「武勇伝」の形式以外でのネタの提示が
非常に難しいだろう。要するに「なんでだろう」のイメージで固まりすぎた
テツandトモ(ニチエンプロダクション)の苦悩を、今後、オリエンタルラジオ(吉本興業)は
ブレイクの頂点(おそらく今年の年末から来年の新春)で味わうことになるのだろう。

しかし、これはまったく個人的な嗜好であるが、いわゆる歌唱力で言うならば、
元来、アーティストを目指していたテツandトモなどの方が上なのであろうが、
「武勇伝」のエンディングでオリエンタルラジオが二音だけで(二人だもんね)ハモる
 ♪ 意味はないけれど、シャンプーハットをかぶって、雨の日 走り出す~
     カッキーン ♪
の歌のヘタウマ具合が非常にいい。何と言ったらいいのだろうか、最近の
すべてのジャンルでの歌で、こんなに胸がときめいたことはない。ほめ殺しで
かえって怒られるかもしれないが、初期ビートルズのジョンレノンとポールマッカートニーの
ハモりやローリングストーンズのミックジャガーとキースリチャーズのハモりのように
胸がときめいてしまう。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-09-13 02:11 | 草評


<< 息子(3歳)の武勇伝ででん レ...      第1回 調味料チェック >>