草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 28日

親鸞聖人と六角堂と夢

今日は親鸞聖人のご命日だ。京都の東本願寺にはお参りできなかったが、
せめて普段と違って、今日の日付のうちに親鸞聖人のことを書いておきたい。

京都市のほぼ中心の中京区、烏丸御池から南に三筋(300Mほどかな)、
烏丸通りを東に入ったところに六角堂(紫雲山頂法寺)がある。
京都の人は「六角さん」と言って親しんでいるようだ。

華道の池坊の家元は、代々、この頂法寺で得度をされる。
確か、池坊の今の家元は女性だったと記憶している。
近くに池坊会館だったか池坊の立派なビルがあるせいか、
マーヒーが何度か立ち寄った時には女性の参拝が多かった気がする。

29歳の頃の親鸞聖人は、この六角堂に百日間参籠(さんろう)して、
95日目にある夢を見て、それで会いたくても会いに行けなかった(のだろうと思う)
法然上人の元を尋ねるきっかけとなったのだと言われる。

さて、この95日目に夢のお告げのようなものがあったというのは偶然なのだろうか?

この六角堂(頂法寺)、1400年もの伝統がある寺院で、聖徳太子の建立だと言われる。
同じく聖徳太子の建立である奈良の法隆寺には、立派な六角堂があり、こちらの
有名な別名というか愛称は「夢殿」である。これは偶然だろうか?

マーヒー説としては、親鸞聖人は六角堂に参籠していて夢をみたのではなく、
わざわざ夢を見にいったのである。一つの確信に至る自分の夢を見るまで、
3ヶ月以上を要したのである。

インターネットをごくたまにお勉強にも使わせていただいて知ることができたが、
この六角堂にまつわる「夢伝説」は、天皇が夢のお告げで、六角堂の境内の
柳の木の下に女性が立っている夢を見て、実際に行ったら女性が立っていて、
その人を伴侶にした、などというものまであることを知ることができた。まあ、
これは記録というのではなく伝承ですが・・・しかし、このような夢にまつわる
伝承と実に縁が深いものが、どうやら六角堂というものにはありそうだ。

仏教関係者はもちろんのこと、ユング派、フロイト派を問わず夢研究をされている
心理学者や学生の方、あるいは同じく民俗学の分野などの方、いつでもいいので
コメントなどいただければ有り難いことです。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-11-28 22:45 | 草仏教


<< 妻が作ってくれたウクレレ用バック      お笑いと身体能力 >>