2005年 12月 16日

仰木彬さんを偲(しの)ぶ

仰木彬さんが亡くなられた。
私には、今も耳の底に残る、仰木さんの素晴らしい名言が忘れられない。

西鉄ライオンズでは、二塁手として、中西太、稲尾和久、豊田泰光らと黄金時代を
作った。当時の西鉄はマーヒーが生まれるちょっと前か、生まれた頃の黄金時代
なので、もちろん記憶にはないが、さまざまな伝説から、これほど豪放磊落(ごうほうらいらく)
な野武士集団の野球チームはないと想像できる。マーヒーも、その時代に野球を
見ていれば、おそらく西鉄ファンになっていたのではないかと思う。

仰木さん本人も豪快な人だっただろうが、それ以上に豪傑の野球の役者たちを、
仰木さんは二塁というポジションから頼もしく見守っていたに違いない。

その、本物のタマを見分ける才覚は、近鉄で大投手野茂を育て、その独特の
ピッチングフォームを
 「せめてセットポジションからは盗塁されないフォームに矯正すべきだ」 
という指摘や意見に耳を貸さず、
 「あれだけ三振を取れる大投手なんだからフォームを直す必要なんかない」
とはねのけてきた。

オリックスでは、振り子打法をけなされていた鈴木一朗選手に、その打法を
個性として認め、新井バッティングコーチの発案に大いに賛同し、彼に野球人
「イチロー」という名を与え育て上げた。

野茂投手もイチロー選手も、MLBに行ってからフォームを矯正したが、それは
自分自身で試行錯誤を重ねてMLBに適応していった結果のものであって、
仰木さんという名将に 「それでいい」 と自分の投法、打法を個性と
して認められた時には、生涯の師を見いだした喜びにあふれていたと思う。

※  そのイチロー選手(当時は鈴木一朗選手)のプロ入り初ホームランは、
   その野茂投手から、新潟県長岡市の悠久山球場で放っているのだが、
   中越震災の痛手からようやく復興しはじめたこの球場については
   別な機会に書いてみたい。

さて、仰木さんの忘れられない名言は1989年のパリーグ優勝を決めた日、
あの10・19の藤井寺球場でインタビューの際に

  今、私は選手たちによって胴上げされましたが、
  私の方が選手一人一人をこの手で胴上げしてやりたい


というひと言である。
日本語がもう一つ理解できないラルフ(ブライアント選手)は笑っていたが、
黄金時代の西鉄にも比較されるほどの野武士集団だった当時の近鉄選手たちが、
その言葉にみんな泣いていたように記憶している。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2005-12-16 00:32 | 草野球


<< 寒波が来ています      子どもの誕生日は親の誕生日なのです >>