草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 22日

停電と新潟県人チェック(3)

今日の新潟県内は寒波の影響なのか、雷による被害のためか、
広範囲での停電がありました。夜7時の全国のNHKニュースでも
トップニュース扱いでしたね。

私の家では振ると電気が付く電池要らずの懐中電灯、3分まわすと
15分間ラジオが入る電池要らずのラジオ、それから職業柄、大量に
備蓄してあるロウソクが大活躍で、ガスにかけると美味しいお米が
炊ける炊飯専用の土鍋など、防災グッズがフル回転しました。
ちょうどお米が炊けて、レトルトカレーをお湯に投入する頃に停電
から復旧しました。

今、ご覧のように復旧していますが、
パソコンの電源が切れないか、ちょっとビビリながらも、
引き続き新潟県人チェックをします。

●セルジオ越後には、やはり親近感を感じるが、
いつまでも上達しない日本語には、少々腹が立つ。

セルジオ越後はブラジルサンパウロ生まれの日系2世の方ですね。
18歳でサンパウロのプロチーム、コリンチャスと契約し、来日して
からはベルマーレの前身、藤和サッカークラブでプレーしています。
まあ、親しみを感じるとすれば、やはり「越後」という名前ですね。

●元県知事、平山征夫はどことなくETに似ていると思う。

平山知事がETに似ているというよりも、坂口元厚生労働大臣が
「千と千尋の神隠し」に出てきた「かおなし」に似ているという意見の
方がずっとインパクトがありました。

●「血液型なに型?」「ニイガタ」のギャグを一度は使ったことがある。

恥ずかしながら、もうかれこれ20年以上使っています。
まだ県外の人にはうけることがあるので、調子にのって使うことがあります。
山形県でも「ヤマガタ」というギャグはあるのでしょうか?
他に「何型?」と聞かれてできうる答えは「前陣速攻型」(卓球選手)
「雲竜型」(横綱)など限られていると思うのです。

●新潟アイスリンクが復活して欲しいと切に思っている。

結局は1回しか行ったことがありませんでした。いつ頃なくなった
のでしょうか・・・

●アルビレックス新潟は、観客動員数がダントツ一番なのが自慢だが、
駅前でチケットを無料で配っているのはあえて知らないことにする。

今はもう、そんなに無料チケットは配っていないのではないでしょうか。
どちらにしろ、それはまたスタジアムを一杯にしたいという営業努力であって、
結果的にファンになってリピーターが増えているのならいいと思いますよ。

●大倉修吾と海外ツアーに行く人なぞいるんだろうか?といつも不思議に思っている。

県外の方々に説明すると、大倉修吾はBSNラジオのパーソナリティ。歌手でも
あるそうだが、その歌を耳にしたことは一度もない。年に何回かは確かにラジオで
「大倉修吾と行く○○ツアー」というのはやっていますね。ちょっと年代の対象が
私よりもさらに上という感じです。


●日本海タワーとレインボータワーは水があるか無いかの違いである。

日本海タワーというのを知らない。検索してみたら確かにあった。
やはりまだ私は新潟県人としては中級者クラスなのだろうか。。。。。。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2005-12-22 20:27 | 草評


<< 新潟県人チェック(4)      新潟県人チェック(2) >>