2005年 12月 23日

新潟県人チェック(4)

さて今夜も引き続き新潟県人チェックをいたします。

●周辺市町村の位置関係がよくわかっていない。

合併がすすんでよく分からなくなってきましたよ。

●他府県人に、苗場やさらには“越後”湯沢までもが、
群馬にあると思い込まれていることに怒りを覚える。

越後湯沢と、越後を名のっているのに群馬に間違われるということが
あるのでしょうかね?あの尾瀬も、群馬でもありますが新潟県にも
またがった地域でもあるのですよね。

●小学校のとき新潟じんくを踊らされた。

うーん、これは新潟市内限定のチェックポイントでしょうね。
ありません。

●「関東甲信越」と、関東とひと括りにされると、なんとなくうれしい。

関東ではないと思いますからね。大体、甲信越だけでもかなりの広域です。

●真冬の消雪パイプの道を歩く時の傘の定義は「降ってくる雪から自分を守るもの」
ではなく「車からはねてくる大量のシャーベット水から足もとを守るもの」というのが常識だ。

消雪パイプから出る水が元気よすぎる場合、傘はその水から防御するために
役に立つということもあったりして・・・


●日本海が、演歌とサスペンスドラマの影響で「崖」「岩」「荒波」のイメージを
持たれている事にちょっと納得いかない。

でも、東京のど真ん中からでも東京タワーを見上げていて、ふと「演歌の花道」と
つぶやいてみると、それなりの絵になったりしますからね。私としては、
真冬の岸壁、荒波の前で、根性のあるカップルというものを見てみたいです。


●「気を使う」「遠慮」が美徳。

私の場合は全然そんなことはない。新潟県人初級者です。

●モーニング娘。をみると小川真琴をつい目で追いかけてしまう

この設問が古いので、今なら久住千春ちゃんなのでしょうが、さすがに
モーニング娘。自体のパワーというか注目度が落ちてしまいましたね。
フットサル・チームなんかやってたりして・・・

マーヒー加藤 
[PR]

by kaneniwa | 2005-12-23 20:55 | 草評


<< 新潟県人チェック(5)      停電と新潟県人チェック(3) >>