草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 24日

新潟県人チェック(5)

設問が非常に多くて、まだまだ中盤の新潟県人チェック、
それでは今夜も第5弾をいってみます。

●「しんだい」と言ったら「信州大学」ではなく「新潟大学」のことだ。

   これは、関西で「しんだい」といえば神戸大学ですよ。「さんだい」といえば、
 関西では京都産業大学で、山形では山形大学のこと。「めいだい」といえば、
 全国では主に明治大学を指しますが、中部地方では圧倒的に名古屋大学のことです。

●信長の野望で主人公の信長より上杉謙信のほうが知略が上に設定されていることが妙にうれしい。

 そのゲームやったことがないのでわかりません。信長は本願寺を攻めたこともあり、やはり
 私はアンチ信長です。おもしろいゲームなのかもしれないけど、一生やらないなぁ、多分。

●「ミノワ、ミノワ、ほうーせきミノワ」とミノワのジュエリー歌が歌える。
 
 ♪キミに送ります♪みのわのジュエリ~♪
 この名曲は、確かに新潟県人の血肉となっているメロディであり、歌であるかと思います。
 作詞・作曲者を紹介したいと存じます。空夢(すかいむ)さんです。
 そして、この歌の歌詞、これをファンの方は是非とも3番まで暗唱してください。
 この曲は「輝く君へ」というタイトルなのですね。
 歌い出しが ♪君と出逢った小針が浜で~というのは、新潟県人は感動ものですね。
 空夢さんは、川柳作家としても毎日新聞の万能川柳、ビッグコミックオリジナルの
 川柳虎の皮、杉山竜さんのポップドラゴンなどでご活躍です。 
 
●世間体、外聞を重視し、他人と違うことが気になる。同時に、人がみんなと違うことが気に入らない。

 これについては私自身はNOですね。やっぱり新潟県人初級者かなぁ?

●ぽっぽ焼きを買うために夜店に行く。

 ぽっぽ焼きというのは、小麦粉に黒砂糖を入れて焼いた、大変にシンプルな副食です。
 時々買いますね。こんなシンプルなおやつなのに、いや、シンプルだからこそなのか、
 焼く人の腕でずいぶんと美味しさが違います。

●新潟限定キティーがただおにぎりを持っているだけなのが寂しい。

 サンリオのぬいぐるみのことなのか、それともお菓子かなんかのキャラクターの
 キティちゃんなのか、よく分からないので答えられません。


●海水浴シーズンに、海で群馬県の車をやたら見てるので、群馬にはなんか親近感を覚える。

 群馬だけへの親近感というわけではないですね。他府県のナンバーの車は
 「この場所に来るというのはなかなかだねぇ」という目で見ます。

●「じゃあ、お酒に強いんでしょ?」「スキーうまいんでしょ?」「だから色白なんだー」の三拍子を言われる事が、少々うざい。

 これはまさに少々うざい。スキーは、東京出身の妻の方が少し上手い。
  (この少しというところが悔しい)


●紅白の小林幸子が出番の時がついつい気になる。

 5年前ならけっこうそうでしたね。全国の視聴率にしても紅白の視聴率が
 小林幸子の出番の時にトップだったということも、あの小道具というよりは
 大道具さんの領域となった衣装のせいで、確かにありましたよね。
 今はそんなに・・・紅白歌合戦自体、あまり見ませんからね。
 今年も、おそらく小川VS吉田の対決を見ていることでしょうね。

  マーヒー加藤 http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2005-12-24 23:18 | 草評


<< 新潟県人チェック(6)      新潟県人チェック(4) >>