草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 04日

イチローVS古畑

さっき放送していた古畑任三郎新春スペシャル、古畑任三郎FINAL第2夜(フジテレビ)
であったが、思ったとおり、イチローの演技は素晴らしかった。

11月の初めに、古畑任三郎にイチローが犯人役に出るという噂をネット上で知り、
最初は何でまた?とも思ったが、なんせイチロー本人が古畑任三郎シリーズの
大ファンであり、飛行機の移動中やシアトルの自宅で過去の放映を楽しんでいる
ということ。なんせ撮影終了後のインタビューでは、
「私は日本一古畑を見ている」とまで言っているイチローである。
なんかMLBのスター選手に「日本一」というのは似合わないが、
とにかく、イチローをこのような熱狂的な古畑ファンにさせ、とうとう
出演までさせた今までのプロセスがいちばんスゴイといえばスゴイ。

駐車場での全力疾走シーン、こんなに躍動感のある俳優は松田優作以来かも。
スポーツ選手の初出演での演技ナンバー・ワンかもしれない。

すでにアメリカ合衆国に住んでいるけど、イチローはハリウッドに行けるぞ。

古畑役の田村正和もイチローの演技については大絶賛であったとのことです。
今回の脚本は、三谷作品としては中の下というところで、特にトリックには
不満に思う点もあったが、イチロー出演が実現して急にホテルにこもって
書き上げたという印象がありました。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2006-01-04 23:59 | 草評


<< 松田デミ男くん物語(2)      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>