2006年 01月 13日

ニコンがデジタル一眼レフ以外の一眼レフからほぼ撤退

最近、寝る前には数社のネットニュース速報を読んでから寝る。
おかげで、翌朝、新聞に目を通す時にはすっかり復習というか、
前の晩に見たニュースについて、何か新事実は書いていないか、という
読み方になった。

ニコン(NIKON)が2機種を除いてデジタル以外の一眼レフカメラの
製造から撤退するそうで、レンズの方の製造も縮小の方向らしい。

これは、いつかは見るニュースだと思っていた。

マーヒーは中学時代(今から30年前だ)にいちばん欲しかったのは
ニコンの一眼レフカメラで、それはとてもお小遣いで買えるものでは
なかったが、それが尾を引いていたのか、20歳ぐらいの時にバイト料で
ニコンFEという一眼レフを買った。レンズは純正のニッコールレンズは
高くて買えなかったので、シグマというレンズメーカーの28㎜~85㎜の
ズームレンズを付けて学生時代に使っていた。このニコンFE君は、
入れた電池をすぐに消耗してしまうという難病にかかってしまった。
修理屋さんに行って、一度は良くなって帰ってきたが、すぐに再発した。
しかし電池がなくなってもシャッタースピードを90分の1秒に固定すると
あとは勘でその時の絞り込みを浅くしたり深くしたりでシャッターを切る
ことができるシロモノだったので、ずっとそれで使っていた。
おかげで、露出計(こういう言葉も死んでいくのだろうか・・・)が
なくても何とか写真を撮るということを覚えた。

学生時代のいちばん最後の頃に、当時から骨董品に近かったのだが、
京都の中古カメラ店でニコンFを買って、これには純正のニッコールの
標準レンズが付いてきた。この古典的な一眼レフカメラは、露出計そのもの
が付いていなかった(付いているF2フォトミックなどの上級機種はあった)ので、
すべて露出は勘で撮ったが、モノクロ写真などは実にシャープで味があった。
純正ニッコールレンズの威力であった。

それから、やはりこれも価値はともかく買った時から骨董品的だった
ニコマート(ニコンが作っていた普及版の一眼レフ)のボディのみを
12年ほど前に新宿の中古カメラ屋さんで買った。

というわけで、マーヒーは純正レンズは標準レンズ一つでオールドニコンの
一眼レフカメラを3台も持っている。

自慢ではないが3年前に娘のポートレートを撮って以来、実写ではほとんど
使っていない。いちばん使うのが携帯電話に付いている130万画素のカメラで、
このブログのアップ写真も今ではほとんどそれだ。

しかし、時々、いじっているがニコンFの重厚なメカニカルフォーカルプレーンの
シャッター音は素晴らしい。Jガイルズバンドの「フリーズフレーム」という曲の
イントロが電子のシャッター音では音楽にならない。私もこのニコンFのシャッター音は
サンプリングしておこう。

今のデジタルカメラを最近の新幹線だとすると、ニコンFは蒸気機関車である。

今使っている携帯電話に付いているカメラは、シャッターを切った時に音が出る
モードにしておくと出る音は、こういうメカニカル一眼レフの音を、どうも真似して
いるようである。ちょっといじらしい。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2006-01-13 23:35 | 草評


<< 偏差値というものの本質      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>