2006年 01月 20日

米国産牛肉再び輸入停止に思う

政府は本日、輸入が再開されたばかりの米国産牛肉に、
BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の
脊柱(せきちゅう)が混入していたため、その輸入を再び全面禁止する方針を決めた。

夜のニュースでの中川農相の髪はボサボサで、目は赤かったように思えた。
電話などでアメリカから叩かれたのだろうか?

色々な意味でアメリカの大ざっぱさにあきれる。
その大ざっぱさ、大味さは、よく言えば大らかさという個性として味わえることが
文化面などではあることはあるが、牛肉での大ざっぱさはズサンさ以外は感じられず、
とても愛せない。

このニュースから感じる単純な上記の感想の他にあと二つ、残念なことがある。

一つは、小泉首相が
「あとは日本の消費者の判断に任せる」
と言って一ヶ月前に米国産牛肉の輸入を再開した。
マーヒーは、その消費者の選びによって自然に米国産牛肉が自然に市場から
淘汰(とうた)されるのが良いと思っていた。
その、人々の選びで方向が変わるという機会を逸してしまった。

もう一つ残念なことは、日本で米国産牛肉の輸入再開(また停止だが・・・)に対応して、
日本から米国への和牛の輸出(合衆国からすれば輸入)も再開したという
ニュースを聞いたばかりだが、おそらく、これもまた輸出(輸入)の停止という
記事などを、扱いは小さいだろうがすぐに目にすることであろう。
素晴らしい日本の牛肉が、その質の良さで米国人にアピールし、
米国が日本の畜産に学ぶという機会を逸してしまう。

学生時代、同じ下宿の京都のD大学の先輩と居酒屋で酒を飲んでいた時、
「安いからいいという理由で毒性があるものばかり食べていて、
もしそれが原因で病気になったとしたら、それは本当に安いのかい?」
と言われて、初めてそういうことを考えこんでしまったことがある。

もちろん、逆に高いものがいいなどと考えるほどマーヒーは単純ではないが、
コストばかり計算するという、これもまた窮屈な生き方はやめようと思った。
もっともコストなんて度外視だ!なんて豪快な生き方ができるわけではないが、
とりあえず今回の件に関して、あまりコストのことばかり言っていると、
今度は人類のコストダウンが進んでいくとマーヒーは感じているのだ。

マーヒー加藤  http://www.iplus.jp/~naoko/index.html
[PR]

by kaneniwa | 2006-01-20 22:12 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>