草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 13日

常夜鍋はいかがですか?

b0061413_1825581.jpg8日ほど前、ラジオのFM放送で鍋物特集をしており、ふと耳にしたのがこの常夜鍋(じょうやなべ・とこやなべ)。作り方は驚くほど簡単。土鍋にお湯を入れ、日本酒をコップ2杯は入れ、昆布を1枚入れ、大量のほうれん草と豚肉を入れ、煮えたらそれにポン酢をかけて食べるというもの。たとえ毎晩食べたとしても飽きることがないので常夜鍋という名称がついたとのこと。

昔、大相撲の月刊専門誌でちゃんこ鍋特集というものが組まれ、初めてその雑誌を買ったところ、横綱・大ノ国(現芝田山親方)が、人参と白菜と豚肉を日本酒で煮ただけの鍋を紹介してくれ、多種類の具を大量に投入することが多い相撲部屋のちゃんこ鍋に慣れると、こういうシンプルな鍋がつくづく旨く感じられるという横綱の話になるほどと思い、作ってみたら実にしみじみ美味しかったので、この常夜鍋というものもイケルという予感がした。

結果、この一週間で3回常夜鍋。日本酒は入れるが煮詰めてアルコール分は飛んでいるので子どもたちも喜んで食べる。日本酒で沸点が高くなっているせいか、とても熱々である。テレビで紹介すれば3分で番組が終わってしまうし、あまりにもシンプルすぎて見栄えがしないと思うが、ものすごく簡単で、ものすごく美味い。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-02-13 18:26 | 草評


<< バレンタインデー・スペシャル ...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>