草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 16日

トリノ五輪 男子モーグル決勝を観て

冬のオリンピックは過酷だなぁ。
そりゃ、夏のオリンピックも過酷だとは思うけれど、スピード競技は
1000分の1秒単位で争っているし、演技系は着地などをした時の
氷や雪の状態で相当左右されると思うし、ジャンプなんかはそれに風も
加わって、自然条件に大きく左右されちゃう。

しかしオリンピックというものへの思い入れは競技者にとって様々だろうが、
4年に1回の機会を1000分の1秒に左右されちゃったり、ほんの数センチ
や数ミリの差に翻弄(ほんろう)されちゃったりする。

あまり夜更かしクセをつけてはいけないと思いつつ、しかし昨夜から今日の
深夜にかけての男子モーグルは予選から決勝まで面白くテレビ観戦した。

予選の上野選手の滑りも見事だったが、予選落ちながらも圧倒的な
スピードと高い身体能力を見せつけた尾崎快選手の滑りは見事だった。
それをコントロールしてしまうのがトップクラスの選手だと言われたらそれまでだが、
ほんのわずかの差で姿勢が崩れてしまった。まだ10代の選手なので、これからが
楽しみだ。

決勝が面白かった。予選と違うトップ選手たちの滑りを観て、長々と予選から
テレビを観ていた甲斐があった。特に、結果的に銀メダリストとなった
フィンランドのMロンカイネンが圧倒的なスピードでこぶ斜面を滑り、
エアー技をギャンブル気味に二つとも成功させ後は、登場する選手すべての
目の色が変わり燃えるのが、ゴーグル越しにも感じられた。
最後に登場したオーストラリアのDベッグスミスがMロンカイネンの高得点を
わずかに上回る26.77 という高得点を取って優勝した。

見応えあったなぁ。

ところで、この競技、私(マーヒー)がやったら、どうなるのだろうか?
トリノのモーグルのセッティングだと、平均斜度は26.5度ということで、
春スキーなんかの天然のこぶ斜面を降りるのは好きな方なので、
何とか完走はできると思う。しかし、21秒台なんかはとんでもなくて、
まあ約3倍の1分以内ということなら何とかなると思う。

マーヒーのプランとしては、まず飛び出した後にスピードを殺しながら
斜面を降り、第一エアーの台の直前で、そのまま飛び出したら恐いので
さらにスピードを最大限に殺し、勇気を出してシングルツイストをやって
そっと着地する。その後のこぶ斜面は難関なので慎重に降りてきて、
第二エアーは、これはちょっと恐すぎるので直前にほとんど止まった
ようなスピードで入り、技なんか入れる余裕はまずないので、ヒザを
かかえるように勇気を出して着地して、あとはそれでも勢いがついて
しまうのでほぼ直滑降でゴールして、ゴールできたら、棄権せずに
済んだ喜びを体いっぱいに表わし雪しぶきをあげてガッツポーズ。

想定タイムは57秒824・・・ジャッジの皆さん、これ何点ですか?
少しでもいいので点数、もらえますか?

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-02-16 17:02 | 草評


<< マーヒーはカモレンジャーを応援します      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>