2006年 02月 24日

BGMの勝利でもある荒川選手の金メダル

昨日も、フィギアスケートの話題、特にBGMとのつながりを書いたが、
今日も吉田くんのブログ第13段を書く予定を変更して、このことを
書かなければならない。

まず、深夜近くの早朝から安藤選手の演技からテレビで観ることは
あきらめて、普通に早起きして6時前からファイナル6人の演技を鑑賞した。

安藤選手については、スポーツニュースで、オリンピックなどの機会でなければ
めったにテレビには映らない、公開練習の映像を見せてもらったが、
いいものを見せてもらった。4回転ジャンプを練習して6回失敗して7回目に成功。
あの高さと角度とスピードで氷の上に落ちたら痛いだろうに、その6回の
失敗の映像に、優雅に見える白鳥の水面下の水かき運動を見た思いがした。

テレビをつけても解説者やアナウンサーが安藤選手にはコメントしていなかったので、
ああ、やはり4回転は失敗してしまったのだなぁと察した。

その安藤選手の自由演技はプッチーニ作曲の蝶々夫人だったそうだが、
荒川選手の自由演技もプッチーニ作曲のオペラ「トゥーラン ドット」のなかの
「誰も眠ってはならない」 だった。

同じ曲を開会式でパパロッティが歌ったという偶然に荒川選手自身が何かを
感じたそうだが、その一致は、まったく最高の現実を演出したわけだ。

実際に、会場には日本からのファン、応援団も多く来ていたようだが、
大多数のイタリア人観衆にとって、プッチーニの曲に合わせてのハイレベルな
演技だったからこそ、スタンディングオベーション(総立ち拍手)という結末を
迎え、それは多少なりともジャッジにも影響を与えたのではないかと感じる。

荒川選手が1ヶ月前にこの曲を選んだのは、世界選手権で使ったことがあるから
ということも理由にあげられていたが、その最高の結末への伏線は、ずいぶん前から
はられていたということになる。

日本人としてのひいき目から見れば、さらに銀メダルのコーエン選手よりも
村主選手の演技の方が良かったのではないか、という感想もあるにはあるが、
かつてはミスをすると投げやりになっていたというコーエン選手が、その後
持ち直して演技をしたということも含めての評価なのかもしれず、それはそれで
いいのではないかと思った。

蛇足だが、あのイナバウワーという技も荒川選手のものは大きく体を反らし、
もはや独自のものであるので、独自の技の名前を与えてやってもいいのではないかと思う。
私がネーミングすると・・・ うーん クワガタスペシャル
あの、足を大きく上げ、手を離してY字型で滑る技は・・・うーん 足グリコ 

村主選手の演技のエンディングのあの上下の隆起するかのような動きが美しい
スピンは・・・うーん タケノコ山ドリル 

スケート協会は、マーヒーが変なネーミングをする前に、是非とも独自の技には
名前をつけて広報しておいて欲しい。

 マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-02-24 15:31 | 草評


<< マーヒーど疲れの一日      荒川選手と安藤選手のショートプ... >>