2006年 02月 28日

自分のことはわからない

冬季オリンピック関係のニュースでかなりの部分が占められていた
新聞のスポーツ欄だが、日本のプロ野球も2月25日にはオープン戦が
はじまっていた。

2月26日の毎日新聞朝刊の17面では、楽天というチームを初めて
指揮することになった野村監督の初試合に、オープン戦とはいえ
勝利で飾れなかった野村監督のボヤキが紹介されていたが、それは

登録名にもぼやき  という小見出しで、楽天の先発投手が
初回に満塁本塁打を浴びるなど5回で9失点したことや、楽天打線が
1アウト満塁のチャンスに初球に手を出して凡退したことなどのボヤキの他、
具体的には相手チームであるロッテのサブロー選手のことを指すのだろうが、
たぶんカタカタの選手登録名のことにふれての

 名前を使うのはやめてくれ。ややこしくてしょうがない。
 イチローにあやかっているかもしれないけど二番せんじはダメや


と、試合後に終始不機嫌だった様子が伝えられているが、
それならば、楽天には外国人選手以外でカタカナでの登録名の選手は
いなかったっけ、と、とりあえず同じ新聞のオーダー表を見る・・・

一人だけいましたよ。7番捕手で先発していた日本人のカタカナ登録選手が。
しかも、よりによって野村克也監督の実の息子、カツノリ選手だ。

野村監督ほど心理的にも人を分析したりするのに長けた人でも、
自分のことはぜーんぜんわからない。

マーヒー加藤   草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-02-28 23:34 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      60日間連続更新いたしました >>