2006年 03月 14日

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)であるが、日本も入っている1組は
韓国が李承ヨプ(巨人)の先制本塁打で7―3で米国に快勝。韓国は2勝目だ。
米国は1勝1敗。

日本は、明日、1敗のメキシコと対戦し、松坂(西武)が先発予定だそうだ。

しかし、12日の日本VS米国、イチローの先頭打者ホームランの後、3-3の
まま拮抗した好ゲームだったが、ヤクルト岩村の犠牲フライになる予定の
レフトフライでタッチアップしたロッテ西岡の足が離れるのが早かったという抗議を
受けてアウト。併殺となってしまって8回表の日本の得点が0点。これが
ヤンキースのアレックス・ロドリゲスのサヨナラ安打の伏線になってしまった。

野球の審判の判定は、これは超短時間の裁判(ジャッジ)であるが、日本チームへの
ひいき目を抜きにしても、この判定への手順は違和感をもった。
三塁塁審はレフトがボールをキャッチしているかを見ているし、タッチアップの
タイミングは三塁近くで二塁の塁審が見ている。
主審はこのプレーの際には予想される本塁でのクロスプレーを見定めなければ
ならない。だから、まず米国選手が抗議した際には二塁塁審がセーフのポーズを
とっていたのにもかかわらず、米国側の監督の抗議で主審が判定をアウトに覆している。
これは、おかしな手順だなぁと思った。

ただ、ニューヨークタイムスなどの米国の大手の新聞も
 「疑惑の判定で日本チームに辛勝」
というような見出しをつけていたようだ。

試合後、ベンチでいつまでも悔しさをかみしめるような日本チーム側の
マリナーズのイチロー選手の表情が印象的だった。

これで、日本がメキシコに勝ったら、米国チームは2次リーグ敗退の可能性が
大きくなったりして。ライオンズの松阪のピッチングを楽しみにしよう。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、キューバも参加しているし、
(以前にブログ記事で書いた次点では不参加という展望だった)思ったよりもおもしろい。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-03-14 19:43 | 草評


<< ホットドックについて      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>