草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 21日

キャスティングの勝利でもあるWBC優勝

DOUAGE(胴上げ) というのが世界中で流行するかもしれませんね。
今日のワールドベースボールクラシック(WBC)が、開催地の米国で
どれだけの関心をもって見られていたかは気になるところですが、とにかく
王JAPANのワールドベースボールクラシック制覇をお彼岸のお中日のため、
お参り先の家でお経の後でお茶をいただきながらテレビで半イニングづつ
見て移動するような見方でしたが、ところどころ観戦しました。
お参りを終えて、行きつけのガソリンスタンドで大塚投手がキューバの
最後のバッターを三振にとるシーンを見ることができました。

やっぱりオールスターチームより練りに練られたキャスティングの勝利でも
あるのでしょうか。何か、野球のチームを編成するということは、映画の
キャスティングと同じで、スターをそろえるよりも脇役やスタッフを含めての
いいキャスティングをするということかな、とも思いました。

そういう意味で、ロッテの選手を多く入れた今回のキャスティングで
イチローが牽引(けんいん)し、松中が4番にずっとすわるというチームは、
試合を重ねるごとに寄せ集めからキューバとも互角以上に戦える集団になった
のだなぁと感じました。今日の試合展開だと、中継ぎ投手にはやはり中継ぎや
リリーフのスペシャリストをそろえておいた方がよりチームとして強力では
ないかとも思いました。ロッテ渡辺投手のリリーフ投手としての立ち上がりは
まったくいつもの球の切れがなく、見ていていかにも打たれそうな気配が
ありました。

そして、ここ3年ぐらいの他チームの4番バッターばかりで編成された
巨人の野球が、何だかバッティング練習のような野球でおもしろくない上に
成績も良くないという理由も何となく分かった気がします。

3年後も王JAPANで再び連覇にチャレンジするのもいいかもしれませんが、
監督の国籍は問われないようなので、是非ともボビー・バレンタイン監督が
率いる日本代表チームというものを見てみたいなぁと思います。


マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-03-21 20:53 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      明日はお彼岸の中日でWBCの決勝 >>