2006年 03月 23日

孤高の人のぽっかり空いた心の穴をみんなが埋めるんだ

以前にも似たようなことを書いたかもしれないが、
組織よりも個人を重んじるように感じられる米国で文化として生まれたスポーツは
ベースボール、バスケットボール、アメリカンフットボールなどの団体球技。

個人よりも組織を重んじるように感じられる日本で文化として生まれたスポーツは
柔道、剣道、空手、相撲などの個人と個人が対決する形のものが中心だ。

これが何だかとてもおもしろいことのように思う。

ワールドベースボールクラシック(WBC)制覇で、特に王監督とイチロー選手の
姿がクローズアップされるのだが、

 「みんな素晴らしい、今夜は思いっきりやろうぜ」と言ったシャンパンファイトのかけ声は、
王さんという人が初めて見せてくれた素(す)のはしゃっぎっぷりに見えた。
2003年の阪神との日本シリーズを制覇した時の王さんも、勝利監督インタビューなどで
威勢の良すぎるコメントを聞けたが、あれはインタビューやコメントが上手すぎる敵将の
星野仙一監督(当時)にのせられてというか、無理に意識させられてというか、そういう
コメントを王さんが頑張ってしているように見えて、何だか悲しくさえ思ったのだが、今回の
喜びの声には本物を感じる。

イチロー選手は、段々としゃべり方が、5年以上米国に暮らしている人がしゃべる日本語に
なってきたと思った。実際にそうなのだが。
王さんと同じく元々余計なことは言わないタイプだが、ますます、日本語が多少正しく
なくとも、伝えたいことの核心だけは伝えよう、という言葉の使い方だ。
そして外来語はほとんど使わず、自分の言葉でイメージを伝えようとしている。
今、日常でとても多く耳にする「ヤバイよ」という言葉も、彼の口から出ると即座に色々な
意味があるヤバイのなかで「涙が出てきそうでヤバイよ」という意味に素直にとれた。

王さんは狭かった時代の後楽園球場が本拠地とはいえ868本の本塁打を放った。
イチロー選手は言うまでもなくメジャーリーグの年間最多安打記録保持者。

ともに個人として誰にも破られないような孤高の大記録保持者であり、ともに
修行僧にたとえられる求道的姿勢が高く評価されてきた人である。
個人の能力を高めることで組織に貢献してきた人でもある。

その孤高の人の満たされない思いが満たされた喜びの波動を感じた。

個人の集団である組織、しかし、その個人はどこかで「みんなで」という世界を求める。
それがゲーム全体のおもしろさなのかもしれない。
レベルはまったく比較するのも失礼だが、またこれで草野球をする時の楽しみが
深くなった。

組織という言葉は、たぶんオルガナイゼーションなんかの外国語で入ってきて、
明治時代にあわてて造られた言葉だと推測する。
そしてこの組織という言葉、明治時代には 「カラクリ」 というフリガナが
付けられていた。今の時代からは皮肉っぽくも読めるが、おそらく生物学や医学など
では、さまざまな個体が全体を動かしている不思議さをたたえながら、このフリガナを
つけたのではないかとも推測する。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-03-23 01:08 | 草評


<< 小池百合子環境大臣はダジャレ好き?      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>