2006年 04月 19日

松井と新庄

松井選手がブルージェイズ戦に出場して、メジャー通算500試合連続出場だ。
ニューヨークヤンキースの選手としての500試合連続出場ということにも価値が
あり、今のメジャーリーグの現役選手のなかでもオリオールズのテハダ選手に
ついでの2位というのもすごいが、ヤンキースで500試合以上の連続出場は
何とあのルー・ゲーリック選手以来とのことで、さらに日本のプロ野球から通算して
1750試合連続出場というのがものすごい。

この500試合連続出場はメジャーリーグの開幕から予測できたことだけど、
予測できなかったのが北海道日本ハムファイターズの新庄の突然の引退宣言。

テレビをつけたらスポーツニュースで新庄のヒーローインタビューをちょうど
やっていて、数秒後にテレビの東京ドームの観客といっしょになって「えっー」という
驚きの声をあげてしまった。今年のファイターズの試合は、残り100試合以上、
古いたとえで恐縮だがプロレスのテリー・ファンク引退興行のようになるのだろうか。

新庄のプレーでいちばん記憶に残るのが、日本のオールスター・ゲームでの
ホームスチールで、まさに意外性のかたまりのような選手だ。

まさか松井選手の連続出場に合わせたわけではないだろうが、昔から
阪神VS巨人戦で競い、同じニューヨークのヤンキースとメッツでプレーした、
まさに対照的な二人だと感じた。

マーヒー加藤  草仏教ホームページ
[PR]

by kaneniwa | 2006-04-19 12:12 | 草評


<< 生まれてくれて ありがとう      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>