草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 13日

ワールドカップのオーストラリア戦

日本代表を応援していた人は、当然ながら気分がサムライ・ブルーだろうね。
なんせ、展開としては2-0での勝利か何とか耐えきって1-0の勝利。
展開が暗転しても1-1の引き分けとの思いは空しく、1-3の惨敗だもんね。
嫌な負け方だった。

後半39分まではドキドキながらウハウハ状態。
心配といえば、キーパー川口選手がなんだかファイン・セーブ連発で
ハイになっているように見えた。ランナーズ・ハイというのがあるけれども、
キーパーズ・ハイだったように思えた。

結果からみれば交代した選手で3点をとったヒディング監督にくらべて、後半35分で
小野を投入したジーコ監督の意図は?ということになるのだろうけれども、
実は、マーヒーもサッカー素人ながら後半30分を過ぎたあたりで、小野を使うべき
ではないかとふと思っていた。

中田英はバッチリとマークを受けていたし、ボールを持っていて安心できるのが
中村俊輔ぐらいで、ボールキープ力のある小野あたりが入ると安定するような
予感がしたのだ。(予感は結果としては間違いだったけれど・・・)

試合後のインタビューのジーコ監督と宮本選手、そして各選手の表情はお葬式の
後の疲れたご遺族のようだった。ほんの数分で顔からこれだけ精気が消えるものなのか。

クロアチア戦は、われらが草仏教チーム なんちゃってヤンキースの総会を
開いた後、希望者のチームメートと共に観戦して盛り上がります。
試合も、盛り上がって欲しいです。ブラジルとの一戦を楽しみにしているので、
それがワールドカップの悲しき消化試合になりませんように・・・

BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2006-06-13 18:16 | 草評


<< お待たせしました。今年もなんち...      お好み焼き・ド・ミルフィーユ(2) >>