2006年 06月 17日

なんちゃってヤンキース選手登録名(4)

さて次に、背番号69という背番号を選んだ新人選手に

ジョージ・スポット という名前を与え、本人も笑ってそれを気に入った。

なぜ69番という大きな背番号を選んだのか、すごく気になるが、それは本人に
聞いてみないとよく分からない。なぜかはわからないが背番号69の大選手というのは
日本のプロ野球でもアメリカのメジャーリーグでもなかなか思い当たらない。
何となく思い当たることがあり、その理由を私が説明してもいいのだが、
青少年の読者もいるこのブログには、10年後に書きたい。

さて、なぜジョージ・スポットという名前で選手本人も笑ったのか。この名前には
どんな意味があるというのか。その説明もこの場ではしにくい。

大サービスでヒントを与えるなら、ジョージでなくても良かったのである。
たとえばゲーリーでもグレゴリーでも良かったのである。
試合のメンバー表に、略記で書き入れる名字の方の頭文字が G になる
名前ならば何でもよかったのである。ああ、もうこれ以上は書けません。

とにかく、背番号69をチョイスするうちのチームのジョージは、
ちょっと危険なジョージである。

マーヒー加藤(ケアレ・スミス)
[PR]

by kaneniwa | 2006-06-17 01:47 | 草野球


<< なんちゃってヤンキース選手登録...      なんちゃってヤンキース選手登録... >>