草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

06年6月の草仏教ブログアクセス解析

さて、このエキサイトブログの新たなサービスとして、先月から
アクセス解析が手軽にできるようになった。その多くは、主宰であり
管理者であるマーヒーが、個人的に今後の参考にすればいいデータ
なのであるが、その解析の中で、不特定多数の方々が、
どのような検索ワードを使ってこの「草仏教ブログ」を訪ねてくれたかを
あらわすチャートがある。

さっそく、先月(06年6月)の月間データがまとまった。これは、
自分でも何のブログかわからないものをやっているせいもあり、
私は非常に関心をもってこのチャート(ランキング)に注目してきた。
それでは発表!


1位 アシュケ 32
2位 家居のつきづきしく 訳 26
3位 日本文理高校 23
4位 アシュキ 16
5位 草野球 16
6位 ワシュケ 12
7位 一澤帆布 11
8位 野口雨情 11
9位 子ども 父の日のプレゼント 10
10位 中越高校 10


アシュケ(1位) アシュキ(4位) ワシュケ(6位) について

初めての月間検索キーワード別チャートの第1位は何だろうと
楽しみにしていたが、私には予想だにしなかった言葉が上位に来た。
そして笑った。これは笑った。何だか初代ウルトラマンの叫びのような
響きがあるが、これらは共に、ワールドカップ開催月間ということも
あって、、日本代表のジーコ監督(もうすでに辞められた)が
発する「アシュケ」という言葉の意味を知りたいという人が多く、
そうした人々の探求心がこの草仏教ブログにヒットしたのだ。
該当記事としてはたいへんに古く、9ヶ月ほど前に執筆した
 「ジーコはアシュキの人なのではないだろうか」というエントリーが該当する。
アシュケ・アシュキ・ワシュケ、併せてダントツの数である。
当ブログでの該当記事は、意外と古くて昨年の9月24日である。

家居のつきづきしく 訳(2位) について

超訳徒然草については、定期的な執筆を心がけ、完訳の際にはデータベース
のようなものにすることを期しているが、さっそくに第10段についての
検索があったので最初はとても喜んだ。しかし、なぜかこの10段だけに検索が
集中している。家居のつきづきしく という第10段冒頭の一文での検索の
他に、 訳 という言葉と併せて二つのキーワードで検索されているのが、この謎を
解くヒントになる。

マーヒーの推論は、確認したわけではないが、おそらく今の高校の教科書に、
この第10段が掲載されているのではと思う。何だか、そうとしか考えられなくなった。
そして、その現代語訳を宿題などでやらなければならないのが今の時期で、
それで、ネットを使って徒然草の訳文を探した高校生のなかで、26名ほどが
この草仏教ブログの超訳徒然草にヒットしたのではないかと考えている。

そういう高校生の皆さんに言いたい。マーヒーの訳文の丸写しでは、高校の
先生の採点基準で100点満点の30点ぐらいは保証できますが、70点以上は
とても望めません。また、こんなものでも著作上の問題もあるし、是非とも
宿題やテストでは自分自身の言葉をさがして書いてくださいね。お願い。


日本文理高校(3位) 中越高校(10位)
マーヒーがやっているのは草野球(5位)であって、とても高校野球の関係者だとは
言えない。
しかし、縁あって日本文理高校の春の選抜大会初勝利(新潟県勢としても春の初勝利)
のゲームに、たまたま前日に神戸にいたという関係で甲子園球場という最高の場で
立ち会うことができ、その観戦記のようなものをブログに書いた。
その該当記事が、野球部のことを中心にファンの方や対戦校の関係者の方の検索から
この草仏教ブログを訪ねていただいたということになる。

思うに、高校野球の県予選が佳境に入り、夏の甲子園大会が開催される7月は、
特に日本文理高校が春・夏連続出場を決めた場合には、さらにこの言葉での
検索は大幅にアップしてくるのではないかと考えられる。日本文理高校は、硬式野球の
新潟県予選でも、7月分の草仏教ブログの検索ワードチャートでも、ダントツの優勝候補と
いうことになる。

対戦相手が戦力分析のために検索してくる、ということも考えられるけど、
その参考にはあまりならないと思うのでよろしくね。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-07-02 21:02 | 草評


<< 木綿の半可通風(ブログ紹介)      なぜオヤジはオヤジギャグが好き... >>