2006年 07月 10日

♪どうジダンだヘイヘイ・ベイビー

FIFAワールドカップの決勝戦の延長戦の最中、今日は新聞の休刊日だが、
自分がスポーツ新聞の記者だったら、
 イタリアにトッティ不本意な戦い (不本意はブフォン意と読ませる) 
というような見出しを考えつくような感じの試合だった。

その時にフランス代表、コーナーキックからジダンが獲物を襲うかのような見事な
ヘディング・シュート。イタリアのGKブフォンが間一髪の好セーブ。

これが、ジダンの現役最後の美しいヘディングかと思いきや、
数分後に何とプレーと関係のないところでイタリア選手の胸にジダンが
ヘディングをかましてしまった。で、ジダンにレッドカードで一発退場。

あれほどの選手が、あれほどの場面で、なぜあのような行為をせねばなかったのか。
いったいジダンは何を言われたのか。今は、まだ、まったく想像もつかないのだが、
いったい彼の何を傷つける言葉が言われたのだろうか。

とにかく、ワールドカップ(トロフィー)を横目で見ながら淋しく退場していくジダンの
後ろ姿が、この大会でもっとも焼きついた絵になってしまった。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-07-10 06:30 | 草評


<< 自分と同じ名前の人      与板(新潟県)からの挑戦状 (... >>