2006年 07月 30日

高校野球夏の新潟県大会決勝(評)

一つ前のブログ記事で書いていますが、何と明日、今日日本文理高校と明訓高校が
県大会の決勝を行った野球場で、私たちの草野球チームなんちゃってヤンキース
新潟市の若僧さんとナイターで試合を行うのですね。

今日は日中はテレビを観ることができなかったので、今、夜中といっていい時間帯ですが、
明日の選手の出欠を待ちながら、決勝戦のビデオ観戦を終えたところです。

日本文理、これは強い。横山投手は防御率0,00であり、春の選抜甲子園大会でも
投げた3試合はすべてロングリリーフで無失点。ですから全国的にも前評判が高いというか、
注目されるでしょうね。

決勝戦は、昨年もこのブログで注目していた永井剛投手と、横山投手の投げ合いに
なるのではないかと予想していたら、永井投手は決勝戦に登板しませんでした。
事情はよくわかりませんが、何らかの故障がある状態だったとしたら、無理をさせずに
将来有望な彼を壊さないために投げさせなかった明訓の監督さんの英断を尊重したいです。

スコアは9-0で日本文理の勝ち。

しかし、横山投手は、甲子園球場のバックネット裏で生で見たことがあるので
立ち上がりから、今日は調子が悪いように思っていました。テレビカメラを通して見ると
迫力が消えてそう見えちゃうのかなぁ、と思っていたら、ポツンと解説者も
 「横山君、今日は調子がもう一つですね」
と言ったので、ああ、やっぱりと思いました。

しかし、調子が悪いといっても安定感は抜群です。なんせカウント0-2(ツーボール)から
でもスライダーでストライクを決めてくる。スライダーという変化球を覚えてからまだ
1年以内のピッチャーとは思えません。そして、球のキレなんかは調子が悪いのでしょうが、
相変わらず投げるテンポがいいですね。そのテンポの良さが守備陣の好プレーの数々を
生み出している大きな要因であるという感じがします。

そう、何といってもこの夏の日本文理がすごいのが守備ですね。
新潟県内のスポーツニュースでは、試合の前半の分かれ目にもなったプレーなので
センターの頓所大輔選手のファインプレーや再三の好捕が映し出されるでしょうが、
他の内外野手の守備も本当に見事です。

これを私は 「新潟カテナチオ」 と呼びたいと思います。
FIFAワールドカップでは、カテナチオ(カンヌキで鍵をかける)と言われる伝統的な
堅守を誇ったイタリア代表が、その積極的な守備力で優勝しました。

積極的で強固な守備をもったチームは、スポーツのジャンルは何でも強いです。

日本文理外野陣のフライの捕り方なんか、まさに 勝利をつかみとる という感じ。

今まで、夏の甲子園の抽選会では、新潟県の高校とのクジを引いたチームから、
けっこう屈辱的な拍手や、ヤッターなんて声が聞こえてくることがありましたが、
この日本文理高校は、春の選抜ベスト8チームということもありますが、そんなことは
まったくないでしょう。
甲子園でも、この新潟カテナチオに大きく期待しちゃいます。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-07-30 23:49 | 草評


<< 4-4の引き分け。勝てなくて口...      明日、なんちゃってヤンキースの... >>