草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 20日

音読は大切だよなぁ(2)

b0061413_0265473.jpg最近、この草仏教ブログの記事数が365本を越えた。ブログをはじめてからまだ2年は経過していないので、二日に一本以上の記事をエントリーしているということになる。最初は文字通りの三日坊主になると思っていたし、実際に最初はブログではなくてホームページの「週一日記」というものがこのブログの前身だったので、はじめは恐る恐る週に1回記事を書いていて、映画評で初めてのトラックバックというものをいただいた時にはどうしていいか分からずに悶々としてしまったのがつい機能の昨日のことのようだ。

さて、今回の表題の 音読は大切だよなぁ(2) の (2)というのは何よ?と思われた方もいらっしゃると思うが、実は今日書こうと思っていた内容のことを、一年以上前にすでに書いていたのだ。 今日は、以前書いた時とは違って二日酔いではないのだあるが、書き始めて、デジャヴ現象というのだろうか、あれっと思ってこのブログの右の一番下にあるブログ内検索というもので調べてみたら、一年以上経ってもほぼ同じことを書こうとしていた。・・・進歩してないなぁ。 しかし、エントリー記事数が100本までに満たない時には、このブログ内検索というのに果たして意味があるのだろうか?と常々思っていたが、少なくともマーヒーの二重書き防止装置にはなってくれている。機能するようになったのだ。

ただ、せっかくなので絵(図)をアップして、(2)ということでちょっと意見を付け足すことにしたい。

教育の問題について苦言を呈する時には、ものすごく強気なことを書いているのに、なぜか文体はKABAちゃん口調というか、ピーコ系の言葉になっているマーヒーであるが、今の小学校で音読に力を入れているように見えるところは、とても素晴らしいことだと思っている。黙読は「情報処理」としての読み方だが、音読は感性に響く。言葉というものは記録の主体にもなるものだが、それよりも記憶の方に密接だと感じさせてくれるのが、この音読である。音読をしている本人が味わっているものが家のなかに響いているのだ。

僧侶が、ご本尊の前で仏説を黙読していたら、みんなどこか変だと思うだろう。よそのお家の仏壇の前だったら 「気持ち悪いから帰ってくれ」 と言われるだろう。

究極の音読が 「南無阿弥陀仏」 だと思う。 


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-08-20 00:27 | 草仏教


<< 駒沢苫小牧VS早稲田実業 選手...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>