草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 31日

因速寺さんのブッディ・サロン

毎日新聞を購読、もしくはキオスクやコンビニで買うという人は、
ここのところ金曜日には 「暮らしの中の宗教」 という特集企画があるのをご存じ
だという方も多いだろう。

たとえば先週の8月25日は、その第3回目で、静岡県のサンガ天城という
日蓮宗の尼寺で、DV(家庭内暴力)などに疲れた女性たちの駆け込み寺が紹介されて
いたが、どうやら、明日の特集は、東京都江東区の因速寺さんのブッディ・サロン
が紹介されることになると思う。

因速寺さんのホームページには、この草仏教ブログもリンクを貼っていただいているし、
住職の武田さんとは10年ほど前には頻繁にお目にかかる機会があり、いろいろな影響を
受けているのだ。

まず、因速寺さんのホームページの住職のつぶやきという日記形式のコラムは、
2002年の10月2日の開設以来、今日までずっと継続されてきている。

これにエライなぁ~(武田さんの場合、継続がエライだけでなくて中身の濃さがスゴイ)と
感じて、マーヒーもまずは週に1回でもと、このブログの前身で2003年頃に、
ホームページの一部分、データーベースを使って「草仏教週一日記」というのを始めた。

それから、これはそれよりももっと前になるけれども、武田さんは、武田夢中の柳名で、
 親の許可ないといたずらできない子 (1995年9月12日毎日新聞万能川柳)
を最初に
 シラフだと迷って行けない店なんだ (1996年6月12日毎日新聞万能川柳)
まで、6句を初期の毎日新聞万能川柳に掲載されており、特に、1996年6月12日の句は、
ちょうど東京の事務所でマーヒーが毎日新聞を読んで、「この万能川柳はおもしろいですね」
と言ったら、隣に座っていた武田さんが、「あ、この武田夢中ってボクだよ」と、ヒゲをさすり
ながらさりげなく言ったのがカッコ良くて、考えると一種の返句になっているが
  迷い道近道見つけるチャンスかも (2000年10月22日毎日新聞万能川柳)
と初めて作った川柳が、加藤まひと(柳名)のデビューであったが、これ、五・八・五じゃん。
ああ、カッコワル~。

その他、カラオケで武田さんが、憂歌団の 「10$の恋」 という、ちょっと意表をつく
選曲を入れて歌ったのが、これがちょっと良くて、DAMなどの通信カラオケ全盛の今、
マーヒーも「嫌んなった」や「シカゴ・バウンド」などを歌っている。

って書いてきて、そんな影響ばっかりかい! という声が聞こえてきそうになったが、
まずは明日のブッディ・サロンの記事を読んでから。

加藤まひと (マーヒー加藤)
[PR]

by kaneniwa | 2006-08-31 20:21 | 草評


<< 因速寺さんのブッディ・サロン(...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>