2006年 09月 19日

マーヒーのうどん体験(3)

b0061413_311533.jpg香川県からJリーグ入りを目指しながら日々活動しているサッカーチーム高松FC(フットボールクラブ)は、2006年に入ってから名称を カマタマーレ讃岐と改名している。天皇杯の香川県代表決定試合では高松大学に2-1で勝ち、本戦の1回戦でロッソ熊本に0-5で敗れた。しかし、このカマタマーレの名前の由来は、かまたまうどんである。かまたまうどんというのは、カマタマーレのシンボルマークに見えるように、釜揚げうどんの湯切りしたものに生玉子を落とし、そこに醤油またはかまたま専用の醤油タレをかけて食べるという、香川県綾歌郡の山越うどんがその発祥らしい、讃岐うどんのメニューの名前である。まあ、うどん界のカルボナーラという感じだろうか。 ちなみにマーレという言葉はイタリア語で「海」のことだから、カマタマーレというチーム名から連想するのは、うどんと生玉子と醤油で満たされた瀬戸内海の光景である(爆)。すごいなぁ・・・この名前のチームが、今年はすでに敗退したけれど来年以降の将来において天皇杯を制する可能性がゼロではないし、うまくいけばJ2→J1→世界的名門クラブという道を歩んでいくのだ!  そして、このカマタマーレの公式ホームページのリンクから四国新聞社を訪ねてみると、これがまたビックリだ。四国新聞のサイトの項目が ニュース スポーツ 天気 イベント 求人 就活 防犯 うどん エンタメ ショッピング ・・・と以上の項目にわかれている。彼の地では、うどんは防犯やエンターテイメントと同列の項目になっているのだ。そして、その うどん の項目の充実ぶりといったらどうだろう! 素晴らしすぎるぞ!  この充実したうどんサイトに加えて、映画のUDONのモデルというかモチーフ?となっている麺通団の『恐るべきさぬきうどん』(新潮文庫)や『超麺通団』(西日本出版社)をもとに、これらの多くのデータをもとにして、久しぶりのベスト7もの(七草)を書いてみたいと思う。香川には2回行き、美味しいうどんも食べた経験はあるが、これらの情報から、「行ったことがないが行きたいうどん店ベスト7」 を選び出してみたい。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2006-09-19 00:54 | 草評


<< 恐るべき讃岐うどん (まだ味わ...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>