2007年 01月 03日

年末年始のテレビをふり返ってみる

大晦日の夜は今さら紅白歌合戦でもないだろうとは思いつつ、
かといって格闘技番組も「これだ」というようなカードもなく、
本当なら「今さらテレビでもないだろう」とまで割り切るのが潔いのだが、
大晦日の夜のテレビは除夜の鐘の準備のための時刻表がわりになると
いう特有の事情があり、日本テレビ系列の
「ガキの使い 笑ってはいけない警察署」を予約録画し、
漠然とボリューム小さめでNHKの紅白歌合戦を観ていた。

紅白歌合戦では、すぐ後に一般ニュースでも大きな話題になった
DJ OZAMAのリアル裸体ペインティングスーツで集団ダンスのシーンを見た。
今さら若い女性の裸で動じるようなマーヒーではないが、
動じるぐらいの年代の子どもも多く見ていたことであろう。
それに海外の多くの国々にも衛生生中継される番組でもあり 
「いいのかいコレ?」 という感覚は持った。

最近のインターネットの投稿映像などをチェックして、そこまでは再現されていた
ものは見つけられなかったが、曲の終了直後のカメラの異様に早い切り替わりと
その時のかすかな振動にNHK側の動揺を見た。
リハーサルの時には女性ダンサーはビキニだったということだったと後で知った。
しかし、あれだけ大がかりな衣装を準備していて、意外なほどのNHKの脇の甘さを見た。
もちろん、マイクのSONYの文字にまでテープを貼り、山口百恵のヒット曲中の
「真っ赤なポルシェ」を「真っ赤なくるま」と言い換えさせるような時代の脇の固さが
いいというのではない。しかし、今さらエロがいいの悪いの言う以前に、
この脇の甘さに見ている方が動揺してしまうという感触があった。

曲に対する感想のコメントを最終的に発したのが審査員のプロゴルファーの
横峰さくらにくっついてきたさくらの父であったというところにも、
そのさくら父が審査員席のさくらの後ろの席からマイクを持って「素晴らしい」と
言うのも、何だか予定調和ではない場面であるなぁという空気を感じた。

ここは一人ぐらい、たとえば『国家の品格』を世に問うた数学の大先生
あたりが 「けしからん、実に嘆かわしい」 と顔を真っ赤にして激怒するぐらいの
ガチンコシーンが欲しかった。
(流行語大賞を受賞したのに数学の大先生は招かれていなかったようだが・・・)


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-01-03 11:40 | 草評


<< 月間別検索ワードランキング 草...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>