2007年 03月 10日

大人のための子ども向け映画講座

今日は、久しぶりに最新映画を映画館(シネコン)で封切り日に観た。
シネコンなので、間違ったふりをして「愛の流刑地」なんかを上映しているところに
行ってしまったらどうなるか・・・などと考えてしまったが、それはできなかった。
なんせ、長女と長男を連れて「ドラえもんのび太の新魔界大冒険」の封切り日の
鑑賞だ。14時10分の上映を観るつもりだったが、事情で16時35分からの回に
なった。

子ども向けながら2時間7分の映画なので、その間、妻と次女(まだ10ヶ月)は
ベビーカーで待機だ。映画の上映の前後の30分づつ、全員が最寄りの楽器店を
ふらついたのだが、マーヒーの本音をいうと、その時間がとても楽しかった。
しかし、このことはまた別な機会に書こう。

子ども用のアニメで大人も楽しませるということは難しく、また、大人を楽しませる
ことばかり考えてもらってもイヤらしいので、それをとやかく言う必要はない。
マーヒーとしても、子どもが食い入るように映画館の画面を観る様子を楽しむのだ。

しいていえば、以前、マーヒーの父(子どもたちのおじいちゃん)は、
TV番組の「ドラえもん」を観ていて、しずかちゃんの家の家紋は
源氏の家紋であるということを発見したということを
ブログに書いたこともあるのだが
今回、封切りされたばかりの 「ドラえもんのび太の新魔界大冒険」 を観て
マーヒーが気がついたことは、劇中に登場する「魔法のじゅうたん」に刻印されて
いるマークは、なぜユダヤ教のシンボルに酷似しているのだろうか・・・ということだった。

それから、今回の主題歌で、エンディング近くで流れるmihimaru GT の
「かけがえのない詩」 は、イントロのアコーステックギターの音はさすがに
映画館の最新のサウンドシステムで美しく響いた。

しかし、サビの部分の、たぶん 「そばに居て」 と歌っている個所が、
マーヒーのロバの耳には 「ソバ煮て」 と切実に悲しく連呼しているように聞こえた。

19時に映画館を出て、それに洗脳されてしまったのか、
新潟市小針の 「天下一品」 の中華ソバに家族で向かった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-10 23:56 | 草評


<< 大人のための子ども向け映画講座...      超訳徒然草・吉田くんのブログ(... >>