草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 14日

超訳徒然草・吉田くんのブログ(第106段)

高野の證空上人、京へのぼりけるに、細道にて、
馬に乘りたる女の行きあひたりけるが、口ひきける男、
あしくひきて、聖の馬を堀へ落してけり。

聖いと腹惡しくとがめて、
「こは希有の狼藉かな。四部の弟子はよな、比丘よりは比丘尼は劣り、
比丘尼より優婆塞は劣り、優婆塞より優婆夷は劣れり。
かくの如くの優婆夷などの身にて、比丘を堀へ蹴入れさする、未曾有の惡行なり」
といはれければ、口ひきの男、
「いかに仰せらるるやらん、えこそ聞きしらね」
といふに、上人なほいきまきて、
「何といふぞ、非修非學の男」
と、あららかにいひて、きはまりなき放言しつと思ひける氣色にて、
馬ひき返して逃げられにけり。

たふとかりけるいさかひなるべし。

(吉田兼好法師 『徒然草』 第106段)

b0061413_22374064.jpg


高野山に住む証空上人が京の街に降りてきたときに、
細道で、馬に乗った女と出くわしたのだが、馬の口を引いている男が、
誤操作をして馬を引き、上人の乗っている馬をそばの堀に落としてしまった。

上人はカンカンに激怒して
「これはとんでもなく乱暴なことじゃ。
釈尊の弟子の間の4部制リーグの中では出家した比丘よりも
比丘の尼のほうが格下で、
その比丘の尼よりも在家信者たる優婆塞のほうがさらに格下で、
優婆塞よりも優婆夷のほうがさらに格下だ。
おまえのようなリトルリーガーがメジャーリーガーである私を堀に落とすなんて
こんなことは前代未聞のヘッポコプレーだ」
と言ったので、女の馬を操っていた男は
「何をおっしゃっているのか、さっぱりわかりませーん」
と言えば、上人はもっともっと逆上して
「何を言ってるんだ、この勉強不足の未熟者がぁ」
とエキサイトしてわめいたのだが、
(上人に最低限の良心が残っていたのか)
あまりに酷いことを言い過ぎたと思った様子で、乗っていた馬を
来た方向に向けて逃げて行ってしまった。

尊い、なんて言葉は本来は似合わないが、
修行者である上人と正直で純朴な男との間の、
みごとな口ケンカだ。


超訳BYマーヒー
[PR]

by kaneniwa | 2007-03-14 22:15 | 徒然草


<< マーヒーの鮭茶漬け      大人のための子ども向け映画講座... >>