2007年 06月 22日

なぜ女性の方がネット投資に強いのか

松田デミ男くん物語の第6話までを連載中で、今夜も第7話を書き込んでから眠る
つもりだったのだが、この草仏教ブログにもありがたいコメントをくださる
カリフォルニアのぶんさんのブログの記事で

株式売買、女性が好調
=利益は男性の2.7倍-ネット投資家調査

6月21日21時1分配信  時事通信

という通信についての記事があり、最初はぶんさんのコメント欄にその読後の感想を
書き込むだけのつもりだったのだが、それについて付随して思いついたことがあり、
ブログで書いてみたいことでもあったので、久しぶりにブログならではのトラックバックの
ためのブログ記事という形を投じてみたいと思う。

この1年間で、株式売買で得た利益の平均は、男性18万円に対し、女性は50万円。
野村ホールディングス傘下のジョインベスト証券が行ったアンケート調査で、
対象となったネット投資家の人数や投資額などはわからないのだが、
マーヒーには「なるほど」と思い当たることがあった。
そのことを書いてみたいと思ったのだ。

思い当たったことというのは、約10年前のことだ。
東京で、マーヒーも関わったある出版物の完成があって、
料亭ではないもののお座敷がいくつかある場所で、その打ち上げの飲み会があった。
そういった飲み会というものは気分のいいもので、10人ぐらいの人数ながら
非常にいい感じの会になった。

その酔い心地のなかで、ふと隣の部屋で行われている宴会にも、
何だかいい宴会をやっている雰囲気というものが伝わってきた。
何を話しているのかは分らないが、トイレで中座した時にその部屋からフェードインされて
くる「いい宴会をやっている」という空気感がヒシヒシと皮膚感覚で伝わってくるのだ。

その皮膚感覚を文章にしてみるのはとても難しい。
たとえに過ぎないのだが、草野球の試合の後の飲み会に似た雰囲気かもしれない。
しかも、メンバーのなかの初心者がものすごいファインプレーをやったりして、
勝った負けたは別にして、ものすごく内容のある好ゲームをした後に
ジョッキのビールを飲みながら談笑し合っているような雰囲気を感じた。

その「いい宴会」は、何だか大学の体育会のように統制がとれていながら、
開放感のある、むしろ自由闊達(かったつ)な雰囲気をかもしだしていた。
にぎやかでありながら決して他に不快感を与えるような騒がしさではなく、
ときおり聞こえてくる笑い声にしても、笑い声や嬌声は比較的大きめであるのに
セクハラ的なシモネタでの笑い声などとは正反対の筋の良い笑い声のように感じた。

マーヒーはお店を出て二軒目に移る時に、○○○○ご一行様というプレートに
書かれたその○○○○を、ポストイットに一応メモしておいた。

その翌朝、ガンガンに二日酔い(全治三日でした)となったぼやけた頭で、
届いたばかりの新聞をぼんやりと眺めていて、昨夜初めて見た
○○○○という会社名を新聞の株価欄で探してみた。
すると、あった。
株価には上昇マークがついていた。
想像に過ぎないが、マーヒーがわずかにその雰囲気を感じた○○○○の宴会は、
何だかとてつもなく難しいプロジェクトを全員一丸で成し遂げた後の打ち上げだった
のかもしれない。

その後、3ヶ月ぐらいだろうか。その○○○○の株価だけを新聞で追ってみたが、
やはり大むね上昇だった。
マーヒーは思った。やはり、ああいう宴会ができる組織というのは上向きで
前向きないい組織であり、それは多分投資という視点から見てもいい組織なのだ。

マーヒーには日本経済新聞を読むような力はないのだが、
どうも経済を読む力はないけれども宴会の雰囲気を読む力は多少は
あるみたいなので宴会評論家というものの第一人者となって投資の世界に
参画していこうか?とバカなことを考えたりした。

マーヒーは株というものをやらないし、したがって人に投資をすすめようとも思わない。
しかし、この1年間のデータに過ぎないのだが、ネット投資で女性の方が利益を上げて
いたようだという証券会社の分析に、この時のことを思い出して強くうなずく。

ネットでの投資というと、男の方がネット上での情報や経済理論を
駆使して判断していくような気がする。
しかし、実際に有効な情報というものは、理論ではうまく説明できなくとも、
マーヒーが 「あれっ? 隣の宴会、いいんじゃない?」 とふと感じたように、
「この新製品の洗剤、とってもいいんじゃない?」というような、生活感覚から
くるアンテナやフィーリングの確かさが、ネット投資での女性優位の理由だと
マーヒーは想像するのだ。

ネット投資とはいっても、そこは数字の背後に
生身の人間達がうごめくマーケット(市場)なのだから。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-06-22 01:18 | 草評


<< 超訳徒然草・吉田くんのブログ(...      松田デミ男くん物語(6) 仏壇... >>