2007年 06月 30日

松田デミ男くん物語(9) さらばソロアスター教の神

b0061413_2163417.jpg9回にもわたったこの連載的ブログ記事を何だかミニ知識的なお話で終えてしまうのだが、初めてMAZDA車に乗ることになって、松田さんという人が東洋工業の創業者なので社名というか車名もマツダにするということはよくわかるとしてMAZDAの表記はなぜなのか、少し疑問に思った。調べてみると、ゾロアスター教(拝火教)の主神アフラ・マズダー(MAZDA)からきているのですね。 自分の乗っていた車がゾロアスター教とご縁があったとは意外なことだった。 考えてみると、この10年間で、何だか火というものにひかれるようになった。マーヒーにとってはロウソクの火なんかも身近なのだが、アウトドアクッキングの際の炭火とか焚火なんかにはほんとうにひかれる。原始の頃から、人はそういう火を見つめてきたのだ。今まで、オフロード二輪などに乗っていたこともあって、元もとそういう世界には少し足を踏み入れていたし好きだったのだが、松田デミ男くんという乗り物は、初めてソロではなく家族といっしょにそういう世界に連れていってくれた。車という近代的な利器に乗っていて何だが、デミ男くんがつれていってくれたいろんな場所を思い出すと、原始人が味わった幸せは私も味わいたいし、家族にも感じて欲しいと思う。

原子力より原始力!

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-06-30 00:34 | 草評


<< 月間別検索ワードランキング 草...      結婚披露パーティをやる場所 >>