草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 31日

イラク戦争で亡くなった米国兵士たちの墓

b0061413_23112628.jpg
b0061413_23113863.jpg



マーヒーは1963年生まれの「戦争を知らない子どもたち」であり、
マーヒーの子どもたちは「戦争を知らない子どもたち」という歌を
知らない子どもたちだ。

参院選挙も終わった。確かに消えた年金問題など、他の重要な争点はあったものの、
憲法改正問題がわずかにクローズアップされただけで、現に今、自衛隊がいる
イラクの戦争問題について、それをどうしていくのか?
特に今回大勝した日本の民主党がどういう見解をもっているのか?
なかなか見えてこなかった気がする。

自分自身をふりかえっても、イラクの首都のバクダッドの空爆が
起こった日には、あれほどもった憤(いきどお)りは、その憤りをなくしたわけでは
ないのに日に日にそのリアリティが薄まった生活を送ってきたと思う。

そんななか、Rickさんというカリフォルニアにご在住の60才過ぎの男性のブログで、
上の2枚の写真を目にして、薄まったリアリティがポラロイドカメラの映像が
徐々に印画紙に浮かんでくるかのように浮かぶような気がして、
しばらくの間、呆然と見つめていた。

Rickさんのブログは会員制であり、リンクを貼ったり会員以外がアクセス
できるというわけにはいかない。

Rickさんに写真の転載の使用許可をメールで
問いあわせたところ、早速に掲載の許可をいただいた。

併せてこの2枚の写真の撮影場所をお伺いしたのだが
サンフランシスコ郊外のバート駅の目の前のLafayetteという場所で、
それから、サンタ・バーバラの海岸にも同じ様な場所が有るそうだ。

何ていうことだろう。バート駅というのは、たぶんマーヒーは16年前に
降りたことがあるのだ。
バークレー東本願寺の今井先生に会いにいった時だ。
アメリカの起こす戦争を心底嫌う今井先生に。

イラクのお墓が、どれだけでどんなものかの想像もつかない。

リアリティの風をこの2枚の写真は吹き込んでくれるが、
これだけの数の十字架で、そのそれぞれの人へのイメージも、
いったいその背後にどれだけ傷ついた人がいるのかも、
簡単に沸いてこない。

ただ、

何人死ねばわかるのか?
と、誰かが訊いてきているような気がする。



写真提供Rickさん (感謝します)

文 マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2007-07-31 00:07 | 草評


<< 月間別検索ワードランキング 草...      粒焼(1) 参院選も終わって・・・ >>